最近のトラックバック

« ラー | トップページ | 世界最大の「お笑い投稿」本 ニッポンの笑いVOW!! »

2008年2月28日 (木)

太陽の塔

 京大五回生の、あまり幸せでもなさそうな主人公が、同じくらい、幸せそうにはみえない友人知人と、クリスマス間近の京都で妄想を繰り広げる。
 現代物はだめだと上で書いたが、これは違う。小難しい文章に見えて、読みやすい。最近仕事で京都の街を車で走ることが増えたせいもあって、出てくる地名に親近感がある。
 主人公たちの生活ぶり、ものの考え方も、実によくわかる。かならずしも同類ってわけではないが、共感する部分が多いのは確か。
 主人公による手記の体裁を取っている文章は、理屈っぽくて自己満足的で言い訳がましく、そして(作者の狙い通り)笑わせる。主人公の文体がまた、私の文体に似ているような気がして共感をおぼえる。
 今の生活と、彼女がいた頃の生活と、妄想・夢がごっちゃまぜになっている。叡山電車で太陽の塔を見に行くところなど、ビッスンの『世界の果てまで何マイル』のようである。あれも表紙は影山徹だったと思うが、そのイラストのせいもあるかも。
 日本ファンタジー大賞受賞作。ファンタジーな主人公の視点が、ありきたりの日常をファンタジーに変貌させている。
 解説は本上まなみ。なぜ?と思ったが、これが巧い。自分の「太陽の塔」暦や「京都」暦という実体験でそそっておいて、主人公のストーカー行為を持ち出してギクっとさせ、これはセラピーなんだという驚きの(しかし納得の)解釈でまとめたうえ、「まなみ号(!)」でオチを付けるという見事な起承転結。
 巧い。しかも、読みやすい。わかりやすい。要所を心得ている。反省しよう。
 ついでに告白すると、主人公は恋人に招き猫を送ったが、私は両端が猫の手の形をしたマフラーを送ったことが。これも反省。

『太陽の塔』森見登美彦、2003。新潮文庫。

« ラー | トップページ | 世界最大の「お笑い投稿」本 ニッポンの笑いVOW!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/40296862

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の塔:

« ラー | トップページ | 世界最大の「お笑い投稿」本 ニッポンの笑いVOW!! »