最近のトラックバック

« 現代日本文学の翻訳・普及事業 | トップページ | 奥華子、古本 »

2008年7月 9日 (水)

本&更新

 2008.06.20
 明日も仕事が早いのに、ガソリン入れに出かけたついでに、つい古本屋に長居。
 『千年紀のベスト100作品を選ぶ』丸谷才一他。こういう企画、大好き。
 『スペイン語のすすめ』講談社現代新書。言語学オタクです。
 『宇宙のツァラトゥストラ』光瀬龍。著者の『百億の昼と千億の夜』を匂わせ、なんとなく興味が。
 『神曲 Welcome to the World』桜井亜美。この著者にして、なんとSFのようである。
 『沈黙のフライバイ』野尻抱介。表紙がきれいだし、野尻抱介、初体験だし、53円だし。
 『銀河ヒッチハイクガイド』D.アダムス。去年だったか、映画になった。ぱらぱら見たらカート・ヴォネガットかキルゴア・トラウトの匂いを感じた。
 『BLOOD ALONE・1』高野真之。吸血鬼もの?『クロノスヘイズ』の著者。
 『皇国の守護者・5』伊藤悠。最終巻。
 『天使派リョウ・1』中村真理子・狩撫麻礼。古い漫画だが、なんか気になって。20年も前の黄ばんだ本で275円も取るなよ。

 2008.06.22
 京都方面古書店回り。走行距離130キロ。
 一軒目。収穫なし。ブックオフだが、単行本の250円コーナーあり。これはうれしい。
 二軒目。収穫なし。CDコーナーにキャッツが二組も。ただしどっちもロンドン版。却ってうれしくない。
 三軒目。『あかね空』山本一力。最近評判がいい時代小説。『続59番目のプロポーズ』正篇が面白かったので。『悠久の銀河帝国』クラーク&ベンフォー ド。クラーク追悼&ベンフォードの安心感。CD『CATS』ブロードウェイ版。昔LPをレンタルして以来、やっと出会えた。 日本語の訳詞がない。輸入版らしい。
 四軒目。『この世界の片隅に・上』こうの史代。戦前戦中の広島の話らしい。
 五軒目。『誰か』宮部みゆき。この人も一定レベルのものを読ませてもらえる安心感はある。
 ちなみに最近二回の古本めぐりで買った12冊のうち読んだのは、漫画ばかり4冊。がんばろう。

 2008.07.06
 ミナミ。ロケット広場がないため道に迷う!
 新書購入。『今日の早川さん・2』5月刊だが、奈良では今日までついぞ見かけなかった。高尚(ある意味で)すぎるのか。
 『虹物語』虹やその係累の写真に、科学的説明(環天頂アークとか)などを加えた、写真集のようなもの。

 2008.07.07
 夕方、友人から「幻日が出てる」とメールをもらい、表に出てみたら、むしろ環天頂アークが出ていた。今年2度目。感謝。ちなみに太陽の上、約2パー。 (05.22 参照)。   

 2008.07.08
 先日、eMacをフォーマットし直して、Mac OS X 10.1.4 を入れた。目的は、手もちのスキャナーを使えるようにするため。しかしそれ以来、ホームページ更新に使っていたソフトを再インストールできずにいる。故にホームページ更新が滞っている。ブログは、更新できるのだが、うちの通信環境では、ココログにログインして記事を書き込むのに、最低10分かかる。面倒くさいので滞っている。今これを書いているのはMacBook。これでネット接続すればいいのだが、できない。追究しないまま放置している。光にでもするかな?     

« 現代日本文学の翻訳・普及事業 | トップページ | 奥華子、古本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/41782415

この記事へのトラックバック一覧です: 本&更新:

» タッチスクリーンのMacが登場? [Mac iNformer]
アップルが、タッチスクリーン操作の特許を出願していたことをAppleInsiderが報じました。 iPhoneのようにタッチで操作するMacが発売されるかも? [続きを読む]

« 現代日本文学の翻訳・普及事業 | トップページ | 奥華子、古本 »