最近のトラックバック

« 薔薇の渇き | トップページ | 光回線で書き込んでみるテスト »

2008年10月17日 (金)

アップルシードの子供達と、米粉パン

 2008.10.08
 ローソンの米粉パンは、カレーパンと蒸しパンしか見かけない。
 一方、ミニストップにも米粉パンが。「玄米と米粉の食事パン」だったか?
 ライ麦食パンのように、ほんのり甘みがあって、ぱさぱさした感じ。もちもちしてない。上に乗った白い粉は、米粉? 無味で、のど越しの悪さを助長している。
 これは食卓で、マーガリンやジャムなどを塗ったりスープに浸けたりして食べるのがよさそうだ。けっして、コンビニで買ってすぐパクつくには向いてない。売れないと思う。

 2008.10.09
 映画『アップルシード エクス・マキナ』(DVD)、『ベクシル 2077日本鎖国』(DVD)。
 2004年の『アップルシード』をプロデュースした曽利文彦が『ベクシル』の、そして監督・荒牧伸志が『エクス・マキナ』の、それぞれ監督となって製 作。ともに2007年公開。          
 先に見た『ベクシル』は、日本がハイテク鎖国し、物理的にもIT的にも侵入できない状態に置かれて数十年という、異常事態が設定されており、そこへ潜り 込んだアメリカ特殊部隊の見たものは? という興味をそそる展開なのだが、そこで見たものがあまりにも荒唐無稽で、手抜きしたみたいで残念。一般庶民が変にリアルな造形で、よくない。ちゃんと「アニメ」らしくデザインすべきだ。

 いっぽう『エクス・マキナ』は、オリュンポス内で起こるテロ活動に対処する主人公デュナンたちES.W.A.T.部隊の活躍を、見事なアクションとかっこいいメカと美しいCGアニメーションで堪能させてくれつつ、そこで進行する陰謀に引きつけられて物語に引き込まれていく。アテナが小山茉美でないのが残念。ニケがずいぶんキャラデザイン変更してるが、方向性としては同意できる。
 前作との大きな違いは、人物の色塗りを、あえて従来のアニメのように面分割して塗り分けていた前作に対し、今回は面分割せず、リアルに立体的に描いているところ。前作の面分割はアニメっぽくて好きだったんだが、今回の手法も、悪くない。 世間でよく使われてきたので見慣れてきたのかも。人の動きも前作のような、役者の動きから入力された不自然なゆらぎを、きちんと整理したようなすっきりし た動きになっていて、見やすかった。
 ふたつの作品で、クライマックスに敵メカが大挙して襲ってくるところがおんなじで陳腐で、苦笑。            
              

« 薔薇の渇き | トップページ | 光回線で書き込んでみるテスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/42812919

この記事へのトラックバック一覧です: アップルシードの子供達と、米粉パン:

« 薔薇の渇き | トップページ | 光回線で書き込んでみるテスト »