最近のトラックバック

« マイ・オールタイム・ベスト・シネマ | トップページ | 追想五断章、ほか »

2009年9月25日 (金)

鷺と雪

 2009.09.18
 『鷺と雪』読了。ベッキーさんシリーズ第三弾。直木賞受賞作。
 「不在の父」ルンペン。日本野鳥の会発足。滝沢子爵失踪の謎。若月少尉。
 「獅子と地下鉄」少年が“ライオン”のために深夜の上野へ行ったわけ。街に暗躍する不良集団、犯罪集団。
 「鷺と雪」ドッペルゲンガー。能楽堂の『鷺』。服部時計店。
 直木賞受賞の頃からある歴史的事件との関わりがいわれており、二冊を通してその事件を含む時代背景を感じながらの読書となった。この本の第三話はまさにその話になるのかと思いきや、そうでもなかった。しかし唐突に出てきた電話の場面で驚かされることになった。
 とはいえ第二話でブッポウソウが鳴いたのと同程度の扱い。まだ後に続きそうな、尻切れとんぼな終わり方だ。
 次巻でさらに大きく扱うのだろうか?
 三冊を通じて、当時の東京(および日本)の風俗文化その他についての著者の知識の広さが披露される。その一つ一つが興味深いものであり、しかもそれらが有機的にからまりあった中から非常におもしろい謎と推理が浮かび上がってくる。(カレンダーの謎は、マニアックさにドンビキしてしまったが)電話番号の一件など、深奥な知識があったうえでの、ちっちゃい小ネタだが、読者が一巻から服部時計店になじんでなければ、わざとらしいヒケラカシになってしまいかねなかったろう。

 iTunes Storeにて。
さだまさし「恋愛症候群」、グレープ『グレープ・ライブ 三年坂 完全盤』、Foreigner「I Want to Know What Love Is」。

« マイ・オールタイム・ベスト・シネマ | トップページ | 追想五断章、ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/46311957

この記事へのトラックバック一覧です: 鷺と雪:

« マイ・オールタイム・ベスト・シネマ | トップページ | 追想五断章、ほか »