最近のトラックバック

« 東京タワー | トップページ | ABCアシッド映画館、ホームページ閉鎖 »

2009年12月16日 (水)

本屋にて

 本屋にて。
 栗本薫のグインサーガ第130巻『見知らぬ明日』発売。第二章の途中で力尽きたか、極薄のページ数。挿絵はしっかり2枚(1ページ版&見開き)。本編初の他人によるあとがきは、夫にして刊行当初の編集長、今岡清氏。泣かせる。
 映画『スラムドッグ・ミリオネア』の原作小説『ぼくと1ルピーの神様』が文庫で出ている。序章を立ち読みして引きつけられ、これはいかんと、DVDをレンタルした。
 加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』、大学教授の著者が、どっかの学校で、高校生と中学生を相手に、日清戦争から太平洋戦争に至る日本の歩みを教えた。生徒とのやりとりも含めた、講義風の筆致が、読みやすそうで購入。読んでみると、けっこう、前書きから眠気が。失敗か?

« 東京タワー | トップページ | ABCアシッド映画館、ホームページ閉鎖 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/47038206

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋にて:

« 東京タワー | トップページ | ABCアシッド映画館、ホームページ閉鎖 »