最近のトラックバック

« ABCアシッド映画館、ホームページ閉鎖 | トップページ | 映画グランプリ »

2009年12月26日 (土)

携帯電話修理、SnowLeopard、『人生は五十一から』、竹島

 2009.12.21
 携帯電話修理ができたので、帰宅後外出。修理代(落っことし過ぎた)3150円(安心パック使用)。
 MacOS X 10.6 SnowLeopard、5600円。
 古本を売りに行く。約四十冊(うち約五冊売れ残り)→950円。諸星大二郎『魚類図説』300円買う。

 2009.12.24
 小林信彦『人生は五十一から』読了。
 週刊文春に1988年の一年間にわたって連載されたエッセイ集。解説の赤瀬川隼氏の書く通り、「東京の下町に生まれ東京で育ち、十代から映画・演劇・音楽・寄席などに自由に親しみ、長じてからもそれらと縁の深い仕事にかかわってきた著者の文章には、トピックスの面白さとともに、江戸っ子の粋とでもいうものが自然に滲み出ている」。
 1932年生まれで、ちょっぴり古い気質で世の風潮を批評する様子は、日本語の乱れの指摘などに少々古くささも感じつつ、こういう人がご意見番として居続けてくれることに安心感をおぼえる。

 2009.12.25
 高校教科書の新学習指導要領解説書に、竹島を記載せず。中学校のには、去年自民党政権で記載して韓国の反発を買った。
 あのね、韓国は竹島に基地を作って領有をどんどん既成事実化していってるのに、なんで指導要領解説書(教科書自体ではない)にさえ載せないの? せっかく中学校のには載せたのに、後戻りするなよ。政権交代したこと以外は、なんもいいことなかったなんて、思いたくないよ。

« ABCアシッド映画館、ホームページ閉鎖 | トップページ | 映画グランプリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/47121152

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話修理、SnowLeopard、『人生は五十一から』、竹島:

« ABCアシッド映画館、ホームページ閉鎖 | トップページ | 映画グランプリ »