最近のトラックバック

« パプリカ | トップページ | 『LoveLetter』の構造について »

2010年1月31日 (日)

九月の恋に出会うまで

 2010.01.27
 カメラが趣味の北村志織。芸術方面に理解のあるオーナーのアパートに引っ越したのは8月中旬。それからしばらく経った9月初日、アパートの壁のエアコン取り付け用の穴から声が聞こえてくる。どこにも通じていないはずの閉じた穴から呼びかけてきた相手は、A号室の平野と名乗った。それも、1年後の平野だと。彼は志織に不可解な頼み事をする。

 情報のみが行き来する時間ものといえば、小説『タイムスケープ』『未来からのホットライン』、映画『オーロラの彼方へ』『イルマーレ』『リメンバー・ミー』などがある。前の2作は機械によるものだが、後の3作は自然現象だ。なぜそういう現象が起こるのか、説得力をもたせるのが大切。
 『九月の恋に出会うまで』は、説得力はちょっと弱いかも。なぜそこにそんな「タイムトンネル」が?
 主人公の反応も甘い。普通に考えたら盗聴されてるっぽいし、盗聴装置が見あたらなくてもうさん臭すぎるから、頼み事は聞かないなぁ。よっぽど新聞見出しの「予言」の的中がショックだったのか?

 未来の「平野」の依頼のわけは? これから一年の間に何が起こるのか? そんな謎に引っ張られ、一気に読んでしまうのは確か。真相は想像のつく範囲だが、うまく最後までごまかしている。
 バンホーはおもしろいキャラだが、SF的ではないなぁ。未来とのつながり方に異論をとなえた理系的な平野にしては、バンホーについての推論がちょっとオカルト的じゃない?

« パプリカ | トップページ | 『LoveLetter』の構造について »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/47439365

この記事へのトラックバック一覧です: 九月の恋に出会うまで:

« パプリカ | トップページ | 『LoveLetter』の構造について »