最近のトラックバック

« PJファーマー&ラルクアンシエル | トップページ | 山本弘『神は沈黙せず』 »

2010年2月28日 (日)

読書いくつか&「用言をひらがなに」

 2010.02.27
『SFが読みたい! 2010年版』
 ベストSF2009・・・ベスト10では、海外篇5位の『ユダヤ警官同盟』しかよんでない。ペスト20までいれても、海外篇15位《プロバビリティ》三部作の一巻『プロバビリティ・ムーン』がふえるのみ。
 ゼロ年代SFベスト30でも、海外篇の15位『祈りの海』23位『エンディミオンの覚醒』24位『ハローサマー、グッドバイ』の3つだけ。よんでないなぁ。とりあえず、リストのなかで6冊は買ってもってるのだが、当面よみそうな気がしない。
 さて、ゼロ年代マイベストをかんがえてみる。・・・えらぶには、よんでなさすぎる。非SFも小説以外も映像もいれても、むずかしい。オールタイムベストならなぁ。

『Story Seller vol.2』
 人気作家七人の短篇を収録した、小説新潮別冊。最近文庫にもなっているが、古書店に105円で出てたので購入。
 ねらいは米澤穂信「リカーシブル——リブート」。長編ミステリの冒頭を短篇じたてで、とのこと。ミステリというほどの謎ときもなく、超能力をあつかっているとのことだがSFというほどのこともなく、長編がまちどおしいというほどでもない。出たら買うけどね。義理の姉弟のぎすぎすした関係に終幕でなにやら変化が? というあたりが、ちょっと気になるところではある。

『鉄腕バーディーEVOLUTION 1』
 あれから2年。つとむは受験浪人。姉は新入社員。バーディーは眠りつづけている。アメリカが月面探査計画を突然再開しオブラ・ガルテの残骸を発見。防衛省は「強化兵計画」を本格的に始動。
 単に掲載誌をうつしただけでなく、時間を経過させることで気分を一新し、その間に事態をおおきく展開させて読者のテンションをたかめ、起こっていたことを小出しにみせて興味をそそる。うまい。
 とはいえ、風呂敷はさらにひろげられたので、どうたたんでみせるのか、不安も少々。期待もたかまる。

『時をかける少女』琴音らんまる
 同名のアニメ映画の公開にあわせて描かれた漫画。以前よんだツガノガクによる『時をかける少女』が2004年。本書が2006年。どちらもおなじ「Kadokawa Comics A」ブランドで、映画公開が2006年。本書のほうが絵もストーリーも映画にちかいが、ところどころオリジナリティも出している。高瀬君がちょい役になってるのは、ほっとするが、どうやって自転車事故を回避したかは不明になっている。エピローグで和子をクローズアップしてるのは、このみではない。まあ、ツガノガク版よりは、かなりいい出来。

『エンパイア・スター』
 無知で単純思考の“シンプレックス”だったジョーが、ジューエル(宝石)を手にしたことから、さまざまな人々のみちびきのもと冒険し、“コンプレックス”をへて“マルチプレックス”へと進歩しながら銀河帝国の中心をめざす。
 なんでディレーニって、評価がたかいのかな? 物語はちゃんと起承転結してなくていらいらするし、複雑な構成はこけおどしにおもえるんだが。

 ところでこの文章、用言(動詞や形容詞)をなるべくひらがなで書くよう、こころがけた。というのは、日本語はいかにおぼえやすくできるか、という問題に関心をもっていて、最近みつけたサイトで梅棹忠夫氏の「用言をすべてひらがなにする」という提案をしったからだ。先だってよんだ『エスペラント——異端の言語』でも、大正時代の在日フィンランド公使ラムステットが日本語を、漢字さえなければ「世界でもやさしい部類に入る」といってたと紹介されているので、なんとかならないかとおもっており、梅棹案はつかえる、と感じたためだ。
 それでもところどころで用言を漢字で書いたのは、ひらがなだと違和感があったからだが、かなりの用言はひらがなでも大丈夫におもえた。

« PJファーマー&ラルクアンシエル | トップページ | 山本弘『神は沈黙せず』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/47684286

この記事へのトラックバック一覧です: 読書いくつか&「用言をひらがなに」:

« PJファーマー&ラルクアンシエル | トップページ | 山本弘『神は沈黙せず』 »