最近のトラックバック

« 重複購入 | トップページ | この世界の片隅に »

2010年6月 8日 (火)

龍馬伝

 ひさびさに、NHK大河ドラマを欠かさずみている。福山雅治が男前すぎる気がするのと少々おおげさすぎる気がするのをのぞくと、たいへんエキサイティング。史実は知らないし龍馬関係の本も読んでないが、おもしろいなぁ、脚本うまいなあ、と感心している。(龍馬のおおげささについては、過去にみた幾人かの龍馬俳優が、たいていおおげさだったことを思えば、ああいう人だったのかも? 江口洋介しかり、内野聖陽しかり)
 特に新撰組の初登場(たぶん)シーンはぞくっとした。番組のラスト近くに突然なんの説明もなく現れ、黄昏れる京の町なかに無言で以蔵を追いつめる原田泰造らの白い衣装は、死刑執行人のような幽鬼のような不気味さでスリリングだった。
 今後にも期待大である。

« 重複購入 | トップページ | この世界の片隅に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/48577005

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝:

« 重複購入 | トップページ | この世界の片隅に »