最近のトラックバック

« 古書店にて | トップページ | ラ・パティスリー »

2010年8月20日 (金)

古書店にて

 五木寛之『鳥の歌 下』定住地を持たず生きる人々をあつかっていると『風の王国』の解説で紹介されていたので興味をもった。
 そもそも以前『風の王国』を読んだのも、そんな人々の物語だったからだが、ちょっと絵空事に感じて手放したのだ。
 あれから幾星霜。いまなら違った感想を持つのかもしれない。
 最近、農業をはじめる人が増えているという。そのベクトルは、流浪の生き方へのあこがれにもつながっているような気がする。

« 古書店にて | トップページ | ラ・パティスリー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/49201912

この記事へのトラックバック一覧です: 古書店にて:

« 古書店にて | トップページ | ラ・パティスリー »