最近のトラックバック

« 心斎橋ほか | トップページ | 宗像教授異考録 9 »

2010年9月11日 (土)

火星ダーク・バラード

 上田早夕里『火星ダーク・バラード』読了。
 パヴォニス山頂に軌道エレベータがそそり立ち、マリネリス峡谷を天蓋で覆って建設された都市に人々が住む火星。
 凶悪犯護送中の治安管理局員・水島は、奇妙な現象に見舞われ意識を失う。気がついたとき犯人は逃亡し、相棒は射殺されていた。
 相棒殺害の疑いをもたれた水島はその捜査からはずされ、日常の雑多な事件捜査にまわされるが、彼に「第三世代プログレッシヴ」と称する少女が声をかけてくる。

 容疑者となった主人公の独自捜査、彼の過去、対立する人物(あえて犯人とは言わない)の動機、女との出会い、手をたずさえての逃亡といった辺りは、どこかで聞いたような話では、ある。
 理想の新人類を生み出そうとする狂信的科学者、思惑を越えて暴走する科学というのも、ありきたりといえば、いえる。
 でも、最近気になる作家だし、まあ、及第点。
 小松左京賞受賞作を文庫化にあたって大幅改稿したとのこと。改稿前のも読んでみたい。『ラ・パティスリー』ともども。

« 心斎橋ほか | トップページ | 宗像教授異考録 9 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/49421764

この記事へのトラックバック一覧です: 火星ダーク・バラード:

« 心斎橋ほか | トップページ | 宗像教授異考録 9 »