最近のトラックバック

« 本を売る | トップページ | 歴史地図アニメーション »

2010年10月31日 (日)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(DVD)
 前作である『新劇場版:序』を観た時は、テレビシリーズや初回の劇場版をきれいにした、という程度の感想しか持てなかった。『破』が公開となり、やがてDVD化されたときには、まあいずれそのうち観るけど、あまりそそられないなぁ、というような期待値だった。
 だいたい綾波・式波・真希波ってなにふざけとんねん? なんでアスカの名前を変えるねん? 真希波の絵がコンビニのキャンペーングッズなどに載ってるけどアンジェラ・アキみたいでかわいくないなぁ、なんで新キャラなんて出してくんねん? など、どっちかというと否定的なイメージしか持ってなかった。

 いや、参りました。すごかった。まさに「破」だった。これまでのエヴァを解体していた。そして元の魅力を増幅して再構築していた。
 ストーリーが元のと違う。それは元のドラマを愛する人には許されないことかもしれない。シンジと父の関係が少し良さそうだったり、アスカがヨーロッパから来たり、使徒と化すエヴァのパイロットが違ってたり、トウジが前より幸せそうだったり、謎の新キャラが大活躍したり。
 でも前のエヴァに思い入れのない(むしろ不満な)私にとっては、今のところ、いい方向への改変となっている。「序」とちがって、なにが起こるか予想できない。新キャラ真希波の言葉を借りれば「ワクワクするなぁ!」
 絵が美しい。日常の風景も、非日常な風景もメカも、使徒のデザインも、戦いも、カタストロフも。芸術心を刺激される。
 序・破・急・完結編と、四作からなるという話の前半二作であそこまで急展開してしまうとは、これからどうするつもりなのか、期待と不安がいっぱい。
 でも改変されるとがぜん楽しくなるなあ。貞本義行の漫画も、どう改変されていくかに興味があるし。渚カヲルの「今度こそ」の意味もいずれ解けるのだろうが、タイトルが「ヱヴァンゲリヲン」な理由もそこにあるのだろうな。

« 本を売る | トップページ | 歴史地図アニメーション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/49897458

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破:

« 本を売る | トップページ | 歴史地図アニメーション »