最近のトラックバック

« ここがウィネトカなら、きみはジュディ | トップページ | 本を売る »

2010年10月25日 (月)

曲がれ!スプーン

 映画『曲がれ!スプーン』(DVD)本広克行監督。
 子供の頃に不思議なものを見て以来、超常現象を追い続けているテレビ局AD桜井ヨネ(長澤まさみ)。
 お便りをくれた視聴者と待ち合わせた喫茶「念力」では、世間からその正体を隠して生きている超能力者たちが、偶然クリスマスパーティーを開いている最中だった。
 話の構成は、いい。握手からはじまる「転結」のエピソードは、いい。
 「起承」のエピソードが、次々と陳腐なものを畳み掛けてくるので、参った。
 この映画は、演劇集団「ヨーロッパ企画」原作なのだが、彼らの『サマータイムマシンブルース』(映画でみた)にしても『ボス・イン・ザ・スカイ』(舞台をTVでみた)にしても、笑いのツボが私とは違っていて、困った。
というか、エピソードはあれでいいのかもしれないのだが、演出が肌にあわないのかもしれない。ちょっとネットリしてるというか、クドイというか。
 もったいない気がした。

« ここがウィネトカなら、きみはジュディ | トップページ | 本を売る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/49845596

この記事へのトラックバック一覧です: 曲がれ!スプーン:

« ここがウィネトカなら、きみはジュディ | トップページ | 本を売る »