最近のトラックバック

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月23日 (火)

『ん 日本語最後の謎に挑む』『テンペスト 1』

 山口謠司『ん 日本語最後の謎に挑む』
 著者の妻はフランス人で、著者の発する「ん〜」という声をいやがるという。そのくせ口を閉じて「む〜」というのは、平気らしい。
 駅名などで「日本橋」(東京の)は「Nihonbashi」と表記されていることが多いが、欧米人は変だと言う。「Nihombashi」が正しいのだと。
 日本人にとって、「日本」は後ろにどんな音が来ようとも「にほん」だから「Nihon」と表記するのだが、欧米人は、後ろに来るのが「橋」か「人」かで「m」にしたり「n」にしたりするのだ。
 いったい、「ん」という文字はいつ出来たのか、そしてそれはどのように発音するものだったのか。
 古事記や万葉集、空海の持ち帰った仏典にさかのぼり、その後の本居宣長らの日本語研究をたどって、「ん」について解説した好著。

 池上永一『テンペスト 1』
 嵐の夜、琉球王国の孫家に赤ん坊が生まれた。第一尚氏王統を再興すべく待望した男子ではなく、父は落胆するが、その女児、真鶴は驚くべき聡明さを発揮し、性別を偽って科試に合格し、王宮に入る。清国と薩摩藩の間で翻弄される王国の、王宮内の諸勢力が対立するまっただ中、真鶴あらため孫寧温の活躍を描く。文庫本にして全四巻の第一巻。
 いや、大変読みやすいし、おもしろい。最近の沖縄の不遇(基地問題や尖閣諸島問題)もあって興味深く読んだ。
 おもしろいのだが、少々とまどっている。
 なんだ、この軽さは。平気で現代語を使っている。もちろん地の文でだが、アレルギーとかテーマとか言われると、ちょっと違和感が。その一方で、琉歌や候文を書きこなすほど深い知識を元に書いているものだから、もう少しその軽さをなんとか出来なかったのかと不思議。
 宮中の対立場面で「おな〜り〜」が続く場面では、これは笑うところか?ととまどい、とりあえず苦笑だけしておいた。この場面は、舞台ならおもしろいだろうが、小説としては稚拙というほかないのでは。(来年、仲間由紀恵主演で舞台化されるようなので、この場面が出てくるなら、笑いをとれるだろう)

2010年11月21日 (日)

かぶら汁

 高田郁の「みをつくし料理帖」シリーズ第四作『今朝の春』で、蕪汁がおいしそうに描かれていたので、やってみた。
 といっても、出汁なんて作れないので、チキンラーメンを使った。
 小さい蕪を二個、皮むきする。一個は四つ切りにし、もう一個はすり下ろす。
 チキンラーメンと四つ切りの蕪を鍋でゆでる。ほぼゆであがるころに蕪おろしを入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

 チキンラーメンの味は、実はそんなに好きではない。お手軽に吸い物を作るために、半分に割って使うことはよくあるが。
 その味が、蕪おろしのおかげかまろやかに。2〜3分で蕪は煮えるのか、と思ったが、とってもやわらかくなっている。
 その後、母が蕪入りのみそ汁を作った。ああ、みそ汁に蕪が入っているなぁ、という感想。

 『今朝の春』で客に「蕪汁なんざ、ありふれた料理なのによぅ。どうしてここまで旨めぇのか」と言わせるその味は、どんななのだろうか。
 文中では、「澄んだ吸い地に、具は厚揚げと蕪。青みとして湯通しした蕪の葉が荒く刻んで添えてある。薬味は常の七味唐辛子ではなく、砕いた黒い粒胡椒だ」とある。吸い物風ということでいいのか。
 蕪自体は際立った強い味はない。ということは、出汁で勝負ということなんだろう。手出しできないなぁ。従来の汁物やラーメンに入れて、おまけ的に楽しむくらいしか、素人にはできないかなぁ。

 それはさておき、チキンラーメンのとんこつ味、塩ラーメン味が出ないかなぁ。チキンラーメン味って、苦手なんだなぁ。

2010年11月19日 (金)

『今朝の春』高田郁

 『今朝の春』高田郁。《みをつくし料理帖》第4作。
 「花嫁御寮——ははきぎ飯」両替町は伊勢屋の美緒に料理を教えることになった澪。
 「友待つ雪——里の白雪」戯作者清右衛門は次回作に吉原のあさひ太夫を取り上げるという。
 「寒紅——ひょっとこ温寿司」新宿の普請場に詰めている伊佐三に女の噂が。
 「今朝の春——寒鰆の昆布締め」料理番付の版元が、登龍楼とつる家の一騎打ちを持ちかけてきた。
 清右衛門がいい役回りをしている。あまりにも壮大な夢の提示。それが、シリーズをずるずる長引かせるだけにさせない、いい引き締めになって、読者にも居住まいを正させる。

2010年11月15日 (月)

レンタルCD4枚1000円

 レンタルCD4枚1000円。
 『I Love You、答えてくれ』中島みゆき(2007)。
 最近の中島みゆきって、声をわざとダミ声にして歌うのが多かったり、同じパターンを繰り返す歌詞が多かったりする(風の中の昴、砂の中の銀河、云々)。それが嫌い。このアルバムにも多くて、へきえき。すなおな声で歌えば、いいと思える歌もあるんだけどな。
 『18時開演 LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM』吉田拓郎(2009)。
 中島みゆきとは逆に、「肩ひじ張らない生き方している感」がにじみ出ているようなライブで、楽しい。
 『EURYTHMICS Greatest Hits 』EURYTHMICS(1991)。
 EURYTHMICS は「スイートドリームズ」しか知らないが、他の歌もなかなかよい。BGMに好適。
 『ABBEY ROAD』BEATLES(1969)。
 2009年のリマスター版。ビートルズはベスト盤を聴いたことがあるだけ。オリジナルアルバムははじめて。よく知ってる歌あり、初めて聴く歌ありで、乙也。

2010年11月 9日 (火)

国家機密漏洩罪

 MBSラジオ「朝からてんコモリ!」で、子守康範がどっかの記事を紹介していたのか、それとも自分で思いついたのか。とにかくおもしろいことを言っていた。

 ソ連の小咄(こばなし)に、こんなのがある。よっぱらいがブレジネフ書記長の悪口(能無し、とか)を言っていたら、警官に捕まった。容疑は、「反政府活動」とか「侮辱罪」とかかと思いきや、「国家機密漏洩罪」だった。
 今、尖閣諸島沖での衝突事件の映像がグーグルに流れて、犯人探しをしているが、あの映像のどこが「国家機密」なんだと誰もが言う。もしや、菅総理の無能ぶりがさらけ出されたのが「国家機密漏洩」なんじゃないか?

 いやあ、うまいこというなぁ。

 なにも犯罪をほめたたえる気はない。
 仮に昨日まで犯罪ではなかったことでも、新たに法律が施行されて犯罪になったら、やはり犯罪には違いないし。
 でもこれ(映像の暴露)は、「よくやってくれた」と思ったなぁ。

 あとは、APECで来日した中国首脳とロシア首脳が、怒って帰国するくらい毅然とした態度をみせてほしいものだ。それが日本にダメージ与えることになっても、支持するよ。

2010年11月 3日 (水)

歴史地図アニメーション

インフォシークiswebライトというホームページ無料界開設サービスが終了したため、私のホームページの別館「歴史地図アニメーションの部屋」が消滅しました。訪問者数は、2000.5月〜2001.08月に延べ500人あまり。以後、閉鎖までに延べ1318人でした。長らくのご愛顧、ありがとうございました。
 なお、別館のコンテンツは、本館「汗(はん)'s Labyrinth」の「歴史地図アニメーション」の部屋に移しましたので、そちらでごらんいただけます。どうぞご利用ください。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »