最近のトラックバック

« 今週のいろいろ | トップページ | 古書店にて »

2011年4月30日 (土)

読書

 星野之宣『宗像教授異考録 12』
 「七人みさき」…七人の死霊が生きている人を殺して仲間に入れては古い霊から成仏していくという伝承にまつわる物語。
 「生と死の女神」…八ヶ岳東側の地底湖の底に、縄文の遺跡が?
 「神の背中」…諏訪の神像筒形土器に神の背面だけが描かれているわけは。
 いかにもペイントソフトでモニタ上で描きましたというような表紙が、ただでさえつまらないのに、連載時のカラーページがモノクロになったときの不出来さ加減ったらないのだ。人物など立体には白地を多めに入れればいいのに。
 15巻で完結。忌部神奈をどうするつもりか?
 その後連載がはじまったホーガン原作の『星を継ぐもの』は、シリーズ全体を撹拌しているようだ。展開が急で不安。
じっくりチャーリーについての推理を試行錯誤させてほしかったのだが。

 木城ゆきと『銃夢 Last0rder 15』
 宇宙都市イェールでの「森羅天頂武闘大会」ZOTT決勝戦。
 あまり真剣に読む気にならず。やっぱり銃夢はファーストシーズンだけでいい。

 川端裕人『せちやん 星を聴く人』
 膝をこわして野球部を退部した中学生のぼくは、帰宅部仲間のクボキ、やっちゃんとともに放課後の時間つぶしをして日々を過ごしていた。ある日みつけた謎の屋敷とパラボラアンテナ。ぼくらはそこの住人「せちやん」と知り合い、入りびたるようになる。せちやんに影響されて、クボキは音楽、やっちゃんは文学、そしてぼくは天文学にのめり込んでいく。
 1960年生まれの、私より少し上の世代の少年たちの青春時代とその後。
 期待したようには展開せず、無念。そりゃ、『コンタクト』は期待してないけど、ああいうことになるくらいだったら、せちやんがタウ星人でもよかった。
 文中に「くじら座タウ星人(タウセチアン)」という言葉が出てくる。解説の松本侑子、気づかなかったのかな?


« 今週のいろいろ | トップページ | 古書店にて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/51537002

この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

« 今週のいろいろ | トップページ | 古書店にて »