最近のトラックバック

« 宇宙戦争 | トップページ | 小松左京 »

2011年8月 1日 (月)

幸せのレシピ

 映画『幸せのレシピ』(地上波テレビ版)まあまあ。
 キャサリン・ゼタ・ジョーンズを、はじめて魅力的だと思った。
 いままでは、アメコミのキャラみたいにバタくさく感じていたが、この映画では、とっても普通の女性にみえて、よかった。
 ちょうど、彼女の演じるケイトの料理が、ハイレベルからノーマルテイストになったように。
 ストーリーは、非常にありきたり。
 隣人を、変にサスペンスフルに見せかけてたのが、ジャマだった。
 まあ、地上波テレビ版でカットされてるせいでわかりにくかったのかもしれないが。
 こちらの少女(アビゲイル・ブレスリン)は、たいへんかわいい。『プレッジ』のポーリン・ロバーツ以来。

« 宇宙戦争 | トップページ | 小松左京 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/52374245

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せのレシピ:

« 宇宙戦争 | トップページ | 小松左京 »