最近のトラックバック

« 古書店にて | トップページ | MBS開局60周年 »

2011年8月20日 (土)

読書

 『鉄腕バーディーEVOLUTION 8』ゆうきまさみ。
 火之宮水晶こと銀河連邦の指名手配犯クリステラ・レビに襲いかかる神祇庁特殺官ネーチュラーと、レビを生きたまま裁判にかけるべくネーチュラーから守ろうとする連邦捜査官バーディー。ふたりは、しかし共に浄火学館のとらわれの身となる。

 『ゆうきまさみのはてしない物語』ゆうきまさみ。
 アニメ月刊誌NEW TYPEに連載された絵つきコラムをまとめたもの。アニメやエロビデオなどオタクな話から、幼児誘拐殺人犯Mやイラクのクウェート侵攻の話など時事的なニュースの話まで。
 「こりゃあんまりだ!」と題された一文では、スポンサーに迎合する巨大ロボ・三菱ダイアトロンという妄想を展開しているが(1986年ごろ)、これは最近まさに、企業のロゴやマークを入れたロボットを登場させているアニメ(ネットで?)が話題になってたようだし、TVアニメの企業ロボ・トライダーG7の先取りでもある。もちろんこれは、のちに「警視庁」の文字と桜の大紋を入れたパトレイバーとなって結実する。

 『西の反逆者』フレッド・セイバーヘーゲン。
 はるかな未来。大陸の東から侵略してきた〈帝国〉に虐げられる西の〈荒地〉の人々に、知性ある鳥〈静かなる一族〉から吉報がもたらされた。伝承にきく〈象〉なる物が〈荒れた山脈〉の洞窟で見つかったというのだ。これを先んじて手に入れるため、東と西の勢力が動き出す。〈東の帝国〉第一巻。
 〈象〉がなんであるかは、表紙と口絵を見れば一目瞭然。ネタバレじゃん、ともいえるが、ファンタジー的あらすじでこの絵だからこそ手に取ったともいえる。なにしろ生賴範義の絵が美しすぎる。

 『遙かに照らせ』眉村卓。
 1981年出版の短編集。
 とりあえず読んだのは時間物「トグシノ」。タイムパトロール隊員となったトグシノの奇妙な体験。
 時流の三日月湖というアイデアは良い。それはさておき、他の時地域からの援助がなければ存続できない時地域が、タイムパトロールという兵役の義務化で時地域としての責任を果たすって、どういうこと? おもしろいけど、それ自体がタイムパラドックスを起こすんじゃ? なんのためのパトロール?
 次に表題作「遙かに照らせ」。ねむい。途中で断念。
 冒頭の作品「トライチ」。危険思想とはなにか。これは、SF的な別世界の話にするより、北京原人とかネアンデルタール人の話にしたほうがおもしろかったんじゃないか? あるいは、チンパンジーやクラゲ、カモメの話にしたほうが?
 あとの話は、しばらく積ん読。

« 古書店にて | トップページ | MBS開局60周年 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/52525016

この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

« 古書店にて | トップページ | MBS開局60周年 »