最近のトラックバック

« 幸せのレシピ | トップページ | 古書店にて »

2011年8月 4日 (木)

小松左京

 7月26日、小松左京氏、死去。
 小松作品を最初に読んだのは、中学時代、文化祭のバザーで見つけた古本の『時間エージェント』だった。あのころから時間ものに興味が行ってたのだが、むしろ中学生には刺激の強いエロな内容にドギマギした。
 それ以外で読んだのは、『復活の日』『虚無回廊』『神への長い道』といった程度。いずれ『日本沈没』くらいは読まねばと、本屋で見かけるたびに思っていたのだが。・・・
 関西の朝の二大ラジオパーソナリティー、道上洋三氏(ABC)と浜村淳氏(MBS)が、そろって「若い頃お世話になった」と語っておられた。ABC旧社屋の向かいのホテルプラザに小松氏の事務所があって、地下のバーでいろんな人と飲んでおられたと、土谷多恵子さん(ABC)も懐かしんでおられた。関西テレビの「ハイ!土曜日です」というトーク・バラエティ番組でレギュラーとして同席したと思い出を語ったのは桑原征平(ABC)。
 関西人にとっては、万博の立役者の一人として大きな恩義のある方であったと、大人になってずいぶん経ってから知った。
 『虚無回廊』のAEみたいに、「さっき私が死んだ」とか言いながら、どこかで旅を続けててほしいな。
 ご冥福をおいのりいたします。

« 幸せのレシピ | トップページ | 古書店にて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/52390680

この記事へのトラックバック一覧です: 小松左京:

« 幸せのレシピ | トップページ | 古書店にて »