最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月19日 (月)

借りぐらしのアリエッティ

 映画『借りぐらしのアリエッティ』(DVD)
 東京郊外の緑に囲まれた屋敷の床下に住む小人たちの物語。宮崎駿脚本。
 良。
 以下、あえてイチャモンを。
 ハルさん、邪悪すぎ。『ゲド戦記』の村の女たちのような違和感あり。同じ脚本を使っても、明るくさわやかに屈託なく上品に小人を狩ることもできたはず。その方がある意味こわいし。最後に貞子さんの一言でフォローするより。
 小人がポットからお茶をカップにそそぐときなどに、液体が表面張力でトロンとしてるのがおもしろかった。ただ、不便そうだし、とうの昔に口の広いポットを作っているだろうにと思う。
 翔もやはり人間(かつ子供)。いきなり小人の家を破壊するわ、バールのようなものを放置するわ、絶滅危惧種呼ばわりするわ。
 小人たちは最初「トトロ」的だが、後に「ナウシカ」的あるいは「もののけ姫」のエミシ的になる。
 小人たちが動くとき、普通の人間並みの重量感がある。ほんとなら、ヤモリやネズミのような軽量感があってもいいはず。ただ、小人たちから見たときの人間やネコを描く時に、スローな描写をしていることを思うと、本当は小人たちはハイスピードで動いていて、映画用にスロー再生してるのかもしれない(本当は彼らは、キンキン声で早口でしゃべっているのだ)。(ナウシカたちが実は人間の数分の1スケールだというのが私の持論。ちょっと本気で)
 ケン・グリムウッド『リプレイ』で、何度目かのリプレイで主人公たちがマスコミの前に出るエピソードがあるが、アリエッティがひとりぽっちになったときにはそういう選択肢もあるだろうか。仲間をみつけるために。『百万年の船』もそうだったな。『リプレイ』や『新・猿の惑星』のような悪い展開が予想されるが。

2011年9月 7日 (水)

キネティック・アート

 先日ムック『大人の科学』でテオ・ヤンセンという人の動く(というか歩く)芸術作品のミニチュアキットを見て、たまらなくほしくなった。一日置いて、あらためて来店して購入。
 今日、家用の棚を組み立てたあと、その流れに乗って、キット「ミニビースト」作成
 ランナー(パーツを型枠成型するときにパーツ間にできる骨組みのようなもの)からパーツを外しながらバリを削る作業で1時間。
 あわてずいそがずゆっくりと組み立てて、約1時間半(これは作りかたに書かれていたとおり)。
 感動するなぁ。
 こういうのを「キネティック・アート(動的芸術)」と言うらしい。新宮晋の作品も紹介されている。

2011年9月 6日 (火)

古書店にて

 古書店にて。
 おおっ、尾瀬あきら『ぼくの村の話』が全巻! しかも百円棚だ、こんなにきれいなのに。未読未所持の7巻だけ買う。・・・掘り出し物があったり、SFが大量入荷していたりすると、ふと思う。どこかで愛好家がひとり、愛好家をやめたのだろうか(生死はともかく)、なんて。
 石川雅之『純潔のマリア 1』百円棚へようこそ。
 ブラッドリー『ドライタウンの虜囚』ダーコーヴァ物にはつい、手が出てしまう。百円だし。読まずにたまる一方だ。
 クラーク『楽園の泉』衛星軌道エレベーターをあつかった代表的作品。そろそろ持っておきたい。百円だし。
 うわっ、山本弘『詩羽のいる街』! 『アイの物語』解説を読んでから、探してたが、ついに見つけた! これはいずれアマゾンででも買うぞと思っていたのだが、見つけたからには950円でもかまわない。
 瀬名秀明『希望』まであるやん! こないだ出版されたとこやのに、もう来たか。「For a breath I tarry」を読みたかったんだ。400円かあ、今日は買い過ぎやなぁ。

2011年9月 5日 (月)

守村大『新白河原人 遊んで暮らす究極DIY生活』

 守村大『新白河原人 遊んで暮らす究極DIY生活』読了。良。
 子供は自立し連載も一段落した漫画家が、六年前、思い立って福島山中に土地を買い、妻を連れて入植。下草を刈り、木々を伐採し、丸太小屋を建て、鶏小屋を建て、サウナ風呂を建て、井戸を掘り、カマドを作り、燻製器を作り、囲炉裏を作る。こりゃ、うらやましいわ。
 東日本大震災後も元気に生活続けてるとのこと。被曝が心配。

2011年9月 4日 (日)

MBS開局60周年

 おとといから二日にわたって、MBSラジオで開局60周年記念番組をやっていた。何組かのトークを聴いたが、おもしろい。
 近藤光史+勝谷誠彦+メッセンジャー黒田+岸博幸「どうする大阪どうなる日本」、子守康範+今井彰「ヒット番組の舞台裏」、立川志の輔+桂三枝「東西落語の魅力」、内田樹+茂木健一郎+西靖「おせっかいアハッ!ラジオ」、ハイヒール・リンゴ・モモコ+西川ヘレン+古川圭子「家庭と仕事 女だって大変」、たむらけんじ+陣内智則「アラフォー芸人って大変」、といったあたりを聴いたが、どれもおもしろかった。
 子守康範の対談相手は、元NHKの「プロジェクトX」プロデューサー。それまでの経歴や、プロジェクトX立ち上げ時のエピソードが興味深かった。主題歌を中島みゆきにと決めて説得する話の直前で所用ができ、聴けずじまい。
 ほかにさんま+鶴瓶、メッセンジャーあいはら+鶴光+六車奈々、板東英二+王貞治といった、豪華な面々で、聴けるなら全部聴きたかった。
 ポッドキャストかなんかで聴けるようにしてほしいです、MBSさん。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »