最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

『心星ひとつ』『詩羽のいる街』

 髙田郁『心星ひとつ』良。
 澪にも野江にも申し訳ないが、大店の料理人となる話を読みたいわけでも、侍の妻となる話を読みたいわけでもないので。はい。そんなつらい心情を味わいつつ、また次回に期待。

 山本弘『詩羽のいる街』良。とある地方都市、賀来野を舞台にした短篇集。
 「それ自身は変化することなく」…漫画家志望の男が出会った、不思議な生き方をする女性、詩羽。
 「ジーン・ケリーのように」…自殺しようとしていた「しいちゃん」の目の前に急に現れ、止めるわけでもなく彼女を翻弄する詩羽。
 「恐ろしい「ありがとう」」…ネットで、実社会で、誰にも知られることなく悪意をまき散らし悦に入る男。とつぜん彼の家に上がり込んできた詩羽。
 「今、燃えている炎」…賀来野市で開催されるアニメ聖地イベント「賀来野ガルテリ祭」にやってきたサキの目的は、都市伝説「詩羽」の真相を知ることだった。

 第一話。これはファンタジーだけど、これに準ずることはあちこちの町や村で小規模に起こってるはずだなぁ。
 第二話。当然のことながら未然に防がれるわけだが…。
 第三話。ここまで、人の世に善意はある、それが世の中を変えるんだ、という方向性だった物語が、悪意の話にかわる。そりゃそうだ。それが人間の世界だ。しかしこの物語でそれをここまでストレートに出すか? と、作者の「転」(起承転結の)の激しさに驚かされる。
 第四話。で、ここまできて「都市伝説」って! 一瞬、そういう話もアリかも? って思った。いやぁ、驚かされる。

 良い話。あちこちに彼女のような人がいるといいな。でも、やっぱり第三話の男のような、しかもあえて改心しようとしない男がいるんだろうな。でも、彼女の10分の1以上のパワーを持ってる人も、たくさんいると思う。
 あの娘が彼女から色紙をもらう場面は、身震いするほど感動する。『Always三丁目の夕日』で淳之介が雑誌を抱きしめるシーンと似ている。

2011年10月30日 (日)

古書店にて

 古書店にて。5冊まとめて300円のコーナーで、『ゆうきまさみ年代記』と『運命の鳥 高橋留美子傑作集』ほか3冊がセットになったものゲット。
 前者は去年12月に出た350ページの豪華本。定価約1500円。後者は今年7月に出たばかりの短篇集、定価約1200円。
 1冊300円としても、どっちにも失礼だ!
 ちなみに残り3冊は、同人誌っぽいの。全然読む気にならない。こんなのを抱き合わせされても始末に困る。

2011年10月28日 (金)

自転車

 自転車の通行に関して、警視庁が厳しくするようである。賛成。
 歩道は、歩行者のものである。自転車は基本、車道を通るべし。
 車道を通るものは、車両である。道路交通法を守るべし。
 自転車ももちろん、車両である。バイク同様、堂々と左側を走るべし。
 (追い越しは右側から。路肩をすり抜けるな!)
 (逆走するな! 一方通行を厳守せよ!)
 (横並びで走るな! 縦一列で走れ!)
 自動車は、自転車を車両と認め、邪険にすることなく、配慮すべし。
 そのために渋滞が起こるとしても、甘んじて受け入れるべし。
 それにともなう経済へのマイナス効果も、甘受すべし。
 その問題はちゃんと行政に伝え、今後の道路環境の改善に生かすべし。

 自転車運転許可証の携帯を義務づけましょう。
 試験はなし。まずは誰でももらえる。不携帯は、道交法違反。
 事故や違反をしたら、減点されたりして、最後は取り上げられる。
 顔写真と個人の番号を付け、本人確認ができるようにする。
 そのために、国民総背番号制を導入するのもいい。
 あるいは、本籍地を記入することにしてもいい。
 なんなら、住民票と組み合わせてもいい。

 そんなところで、いかがでしょうか。

 『詩羽のいる街』山本弘。読みはじめたばかり。
 でも、かなり引き込まれている。『犬は勘定にいれません』に『全国アホ・バカ分布考』だって。ツボを押された。

2011年10月23日 (日)

モテキ

 先日、未明に起きてテレビをつけたら、青春ドラマっぽいのをやってた。かわいい女優さんが出てたのでしばらく見てたら、主人公の男優と乙な雰囲気になってきた。のんびり見てていい時間じゃないので録画セットしてテレビを消した。
 それは『モテキ 劇場版』をPRするための総集編だった。『モテキ』をはじめて知った。野波麻帆と松本莉緒は知らないし、菊池凛子はそそられないが、満島ひかりにはそそられたので、調べた。ああ、『愛のむきだし』の! NHK『おひさま』にも! どっちも見てないけど。さらに劇場版の女優たちのなんと豪華なこと!
 総集編ではラストに「こうして俺の第一期モテキは終わった」とシメて、映画冒頭数分を公開していた。
 えっ、じゃあ誰ともうまくいかないの?! どうなるの!? というわけで原作を探すことに。 

 古本屋で2巻を見つけた(350円)ので買って読んだ。う〜ん、この前段階が読みたい。結末も知りたい。土井亜紀のキャラ(独白とか)にはまったので、その出会いと結末も知らずには済まなくなった。
 別の古本屋で1、3、4巻(各400円)を買った。(「4.5」巻も400円で置いてた。強気の商売)
 う~ん、深い。満足。表紙の女性たちが美しい。みほれる。
 どうやら先のドラマ総集編は、内容的には原作第1巻分くらいのものだったようだ。非常にうまい編集だったと感心。というか、第1巻だけでも(各女性の)見どころがもれなくあり、観た者をDVDにも巧みに誘導している。
 後日 「4.5」巻を定価(460円)で購入。短篇「モテキ ガールズサイド」と、インタビュー数本、計128ページ。これも、満足。

 ドラマシリーズも味見してみたくなった。レンタル屋に第2巻だけ残ってたので借りてみた。
 最初、原作との違いにがっかりしていたのだが、そのうち原作との違いがかえって味わい深く思えてきた。
 いずれほかの巻もみてみよう。

 それにしても、ソーシャルネットワーク、こわいなぁ。とても覗く気になれない。桜子先輩、どうしてるだろ?
 あと、幸世くんは、熱いからいいんだよ。59番くん同様。

2011年10月22日 (土)

ソーシャル・ネットワーク

 映画『ソーシャル・ネットワーク』(DVD)良。
 フェイスブックを開発した学生たちの栄光と挫折。
 全部実名だとすると、驚くほど赤裸裸。
 訴訟で主人公がやとった弁護士の一人が言うラストのせりふは、天才でも史上最年少の億万長者でもない私でも、ズキっとくる。
 「あなたは最低の人間じゃないけど、そう見える生き方をしてる」

2011年10月20日 (木)

映画『デジャヴ』

 フェリーが爆破され、多くの死傷者が出た。捜査に加わったATF(アルコール・タバコ・火薬・爆発物局)のダグ・カーリンは、FBIの特殊捜査班からスカウトされる。彼らが持つ最新鋭装備は、常に4日と6時間前の過去を覗き見ることができ、それを使って爆破犯を見つけるのだという。テロから4日後には、犯行の様子も見ることができるが、犯人が高飛びしてからでは遅い。はたして彼らは犯人を確保できるのか?
 ハイテク機器だらけの部屋で、4日と6時間前の過去に開いた「窓」をみながら、コントローラーを動かすと映像がさまざまな場所をさまざまな角度で映し出す。疾走感あふれるタイムスコープに酔える映画。良。

 ところでラストの会話が、少々違和感あり。
 吹き替えでは、
A「もしもあなたが、誰も信じてくれないような秘密を握ったら、どうする?」
B「話すよ。」
 となっている。しゃべっちゃいけないから「秘密」でしょ? なんでしゃべるの? という違和感。
 一方、字幕では、
A「秘密を打ち明けて 相手が信じなかったら?」
B「あきらめない」
 これならまだ、わかる。両者をあわせると、「信じてほしいなら、あきらめずに話しつづける」ってことだろう。
 英語では、以下のとおり。
A:What if you had to tell someone
 the most important thing in the world,
 but you knew they'd never believe you?
B:I'd try.
 「秘密」とは言っていないのだ。「大事な事」だ。

 ところでこの会話、中盤にも出てくる。話者は、AB逆である。
 吹き替えは、
B:もし誰も信じるはずのない重大な秘密を握ったらどうする? 君なら?
A:話すわ。信じてくれるかもしれない。
 字幕は、
B:秘密を打ち明けて 相手が信じなかったら? どうする?
A:あきらめない 信じてくれるかも
 ラストと少し違うのは、原語も違うから。
B:What if you had to tell someone
 the most important thing in the world,
 but you knew they'd never believe you?
 What would you do?
A:I'd try.You never know what someone might believe.

 というわけで、私なりに訳してみた。

 もし誰かに、ものすごく大事なことを話さなければいけなくて、だけど絶対信じてもらえないとわかってたら、どうする?
 やってみるさ。

 ところで「デジャヴ」という言い方が定着してしまったこのタイトル、「デジャヴュー」とか「デジャビュ」とか言ってほしかった。ひとえに松任谷由実が「リインカネーション」で世間に広めてしまった感アリ。
 

2011年10月10日 (月)

『異形たちによると世界は…』『星を継ぐもの 1』

 coco『異形たちによると世界は…』ラヴクラフトが創った異形の神話を元にした小説群の登場人物(異形の)を可愛い娘ちゃんキャラにしたマンガ。おもしろい。味わい深い。クトゥルー物は、コリン・ウィルソン『賢者の石』しかしらんけど、なんかおもしろい。

 星野之宣『星を継ぐもの 1』まあまあ。原作の続編は『ガニメデの優しい巨人』しか読んでないけど、ずいぶん急展開な感じ。もうちょっとゆっくりじっくりでも良いような。

本屋にて

 ○月○日、古書店にて。
 『元気でいてよ、R2−D2』北村薫でこのタイトルならつい。
 『ニシノユキヒコの冒険』彼のモテぶりとフラレぶりのわけは一体?
 ○月○日、本屋にて。
 『SFマガジン11月号』「小松左京追悼」かと思えばさにあらず、「日本SF第一世代回顧」ときた。
 『異形たちによると世界は…』買うつもりじゃなかったんだが、見つけてしまった。『星を継ぐもの』を探していただけなのに。萩尾望都『音楽の在りて』も我慢したのに。
 ○月○日、本屋にて。
 『星を継ぐもの 1』見つけちゃった。
 ○月○日、本屋にて。
 『相手に9割しゃべらせる質問術』まあこんな本を買うことも。
 ○月○日、古書店にて。
 『星空の二人』谷甲州は初めてかも。この表紙でよかった。大原まり子の『戦争を演じた神々』なんか、何度も手に取ってるのに、まちがいなく「表紙買い」ならぬ「表紙不買」だもの。ときどきあるんだ、とめろよ編集者、と思うことが。ちなみに大原まり子の『ひとりで歩いていった猫』の表紙は、何度か変わったけど、最初のが好き。

2011年10月 6日 (木)

ジョブズ

 アップルの元CEO、スティーブ・ジョブズ、死去。Performa6210からのMacユーザーとして、残念です。iMacは持ってたけど、iPod、iPhone、iPadは持ってません。残念。

2011年10月 2日 (日)

正心誠意

 野田佳彦新首相の所信表明演説の「正心誠意」が気になって、広辞苑で調べたが、載ってない。
 そりゃそうだ、「誠心誠意」だもん。勝手に造語するなよ、と思ったら、勝海舟からの引用だという。
 そうだったのか、と思っていたら、産經新聞正論欄で、立命館大学教授、加地伸行氏が書いている。
 題して「「正心誠意」を海舟作とした浅学」。
 儒教古典のなかでも押さえておくべき四書として『論語』、『孟子』、『礼記』大学篇、『礼記』中庸篇があり、学庸論孟というそうな。
 『大学』にいわく、政治の目的は道徳的社会を作ること。そのためには、八条目を連関づけながらしっかりと究めること。
 天下を平らかにするためにはまず国を治める。そのためには家を斉(ととの)える。そのためには身を修める。そのためには心を正す。そのためには意思を誠実にする。そのためには知識を磨く。そのためには物の道理を感得する。これすなわち八条目「平天下、治国、斉家、修身、正心、誠意、致知、格物」。
 だから「正心誠意」の前に、民主党内を秩序づけ(斉家)、内閣に疑惑のある者を入れるな(修身)と、なかなかうまいことを言っている。
 でもちょっと、学をひけらかしてるようで少々鼻につく。江戸明治なら幼児でも知ってる、といわれてもね。
 それに、斉家のまえにまず修身、その前にまず正心と言っておきながら、順序が逆だ。
 野田さんが浅学なら、加地さんは浅薄だ、四書の話でせっかく感心したのに、なまじ人の足元をすくおうとして自分でこけたみたい。
 鉢呂経産相への言葉狩りめいた批判にも似た、いやな感じのする批判だ。

 なお「誠心誠意」は俗化された表記だそうだが、広辞苑第三版には「正心誠意」は載ってない。でも角川新字源には載っていた。さすが漢和辞典。

2011年10月 1日 (土)

光より速い?!

 ニュートリノの速さを測ったら、光より速かった。すわ、相対論に矛盾が?
 とのニュースあり。

 スイスからイタリアにニュートリノを飛ばしたら、思ったより早く着いたって?
 時間をさかのぼったわけではないのですね。
 じゃあ、思ったより七倍早くついたとしても、時間をさかのぼるわけではないですよね。
 即時通信でも、同じこと。
 とすれば、問題は、なんだろう?

 光より遅いものが光より速くなることはないんだそうです。
 仮想される超光速粒子タキオンは、もとから超光速なので、光速の壁を破るわけではなく、相対論に矛盾しないんだそうです。
 くわしくは、こちら。→「山本弘の秘密基地」(反論コメントも合わせてご参考に)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »