最近のトラックバック

« 古書売却 | トップページ | 書店にて »

2011年12月10日 (土)

月蝕

 皆既月蝕。23:05〜23:58。
 夕方、暗くなった空の東の地平線近くに、まんまるい月がくっきりと浮かんでいた。
 これは期待できそうだ。と思ったが、10時ごろには月がどこにあるかわからないほど曇っていた。
 10時半ごろふたたび外に出ると、雲がちりぢりになり、半分ほど欠けた月が南の高い空にあった。オリオンの上方。
 そこからはみるみるうちに細っていく。東から流れてきた、けっこう広がった薄雲がかかり、月がみにくくなったが、11時8分には、雲のかかっていない状態でその時を迎えることとなった。
 地球を迂回してくる光で赤銅色になった月。火星探査船がもう数日で到着というころには、搭乗員にはこんな大きさの火星が見られるのだろう。あるいは、2200年、イスカンダルから帰ってきたヤマトが月の衛星軌道まできたとき、終末期の赤い地球はこんなふうに見えるのかもしれない。
 日蝕は皆既状態になった瞬間、なんらかの変化があるらしいが、月蝕はその瞬間、とくに大きな変化を感じることはなかった。最後まで輝いていた部分はあいかわらずそこそこ明るいまま。
 これから50分あまり、皆既状態は続く。ところどころ雲はあるものの、雲のかかっていないところはすっきり澄みわたる冬の夜空。星たちが煌煌と輝いている。プロキオン、ベテルギウス、シリウス、アルデバラン、木星。見えるはずの双子座流星群は見られなかったが、満足。寝る。
(まちがい。双子座流星群は、14日)

« 古書売却 | トップページ | 書店にて »

ニュース」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/53455180

この記事へのトラックバック一覧です: 月蝕:

« 古書売却 | トップページ | 書店にて »