最近のトラックバック

« てんコモリ5時の歌 | トップページ | 大友克洋、再起動 »

2012年3月31日 (土)

マジェスティックのせりふ

 記憶をなくしたピーターが、知らない町でルークという男に間違われるという、映画『マジェスティック』のせりふ。
 (英語字幕)
  Let me tell you …
 Luke played the classics like nobody's business…but when it come to getting jazz, he was a lost boy.
 When I heard that fine roadhouse boogie, I knew you wasn't Luke.
 (吹き替え)
 ひとつ教えてやろう。
 ルークはクラシックピアノなら余所見してても弾けたが、
 これがジャズピアノになると、まるっきりだめだった。
 だからあんたがご機嫌な ブギを弾きだして、ルークじゃないとわかったんだ。
 (日本語字幕)
 ルークはクラシック・ピアノの名手だが――
 ジャズとなるとさっぱりダメだった
 だからあのブギ・ピアノで――
 別人と分かったんだ

 「ご機嫌なブギ」って言葉がとってもかっこいい。「fine roadhouse boogie」って何だろう? で調べる。
 roadhouse:(都市郊外に作られた)街道沿いの旅館[居酒屋、ナイトクラブ]。
 boogie (boogie-woogie):[ジャズ]ブギウギ:器楽ブルースの一種。
 てことは「ご機嫌な」は「fine」だな。いい訳だな。
 ネットでみたら、けっこう「ご機嫌なブギ」ってフレーズがあちこちにあった。

 これは黒人男性エメットのせりふだが、英語で聴くとけっこうなまってるように聞こえる(南部なまり?)。
 英語の字幕どおりにはしゃべってないような気がするのだが。
  Let me tell you something.って言ってない?
 When I heard の後と、I knew you wasn't Luke の後に何か言ってる。
 When I heard you pounded か? pound:何度も強く打つ、〈ピアノを〉たたく、〈曲を〉ポンポンと弾奏する。
 I knew you wasn't Luke, couldn't be か? 「推論に無理があるかい?」ってなとこ?
 (小学館『PROGRESSIVE English-Japanese Dictionary』使用)

 それと、ちょっと地味な名前だなと思っていた「戦災児救済クラブ」は「The Bread Instead of Bullets Club」だった。
 〈弾丸の代わりにパンを〉倶楽部、か。英語で言うと韻を踏んでて強く印象に残る名前のようだ。

« てんコモリ5時の歌 | トップページ | 大友克洋、再起動 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/54360034

この記事へのトラックバック一覧です: マジェスティックのせりふ:

« てんコモリ5時の歌 | トップページ | 大友克洋、再起動 »