最近のトラックバック

« 読書録 | トップページ | 書店にて »

2012年4月30日 (月)

「アリスとの訣別」

 山本弘『アリスへの訣別』入手。とりあえず表題作を読む。
 「悪書」を規制する法律・条例への反論的作品。児童ポルノ規制で、持っているだけで違法となるならば、法律は脳内記憶をどう扱うつもりか? そう遠くない将来に実現しそうな技術の進歩で、起こるかもしれない規制に釘をさす。
 目のつけどころがうまい。これは確かに難問だ。この技術が実用化されたら、お役所仕事でああいった記憶(自分の子供を産湯につけた記憶とか)が規制される可能性はある。
 それはさておき、児童ポルノや暴力描写の規制には、著者ほど危機感を感じてないし、必要だとも感じているので、共感はしない。でもこの作品は、著者の危惧を表明し問題提起するのに見事に成功していると思う。

« 読書録 | トップページ | 書店にて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/54656670

この記事へのトラックバック一覧です: 「アリスとの訣別」:

« 読書録 | トップページ | 書店にて »