最近のトラックバック

« 書店にて | トップページ | 古書店にて »

2012年6月13日 (水)

リライト

 法条遥『リライト』良。ハヤカワSFシリーズJコレクション。
 十年前の1992年、中二の美雪はタイムトラベラーと出会い、彼と行動を共にするうちに恋に落ちる。そして別れ。
 そして2002年。主婦で作家の美雪は中二の私の来訪を待っていたが、彼女はついに来なかった。
 彼女が来なければ歴史が変わってしまうのに、なぜ?
 帯の「SF史上最悪のパラドックス」とか裏表紙のあらすじとかSFマガジンの書評とかでわかるとおり、『時をかける少女』などのようにはスカっとさわやかではない。謎の解明のしかたがちょっと駆け足で説明過多だなぁ、とも思う。いくらなんでも全員とはやりすぎじゃないか? 
 『うる星やつら』のサクラさんだっけ? 「一度目は悲劇、二度目は喜劇というが、いつまでもやらせとくわけにもいかんなぁ」とか言ってたのは。
 ○○装置の使い過ぎは、反則な感じ。失笑をさそう。
 それにしても、謎解き編までは、なかなかスリリングでサスペンスフルでよかった。一気に読んだ。(続く。はず)

« 書店にて | トップページ | 古書店にて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/54981527

この記事へのトラックバック一覧です: リライト:

« 書店にて | トップページ | 古書店にて »