最近のトラックバック

« 古書店にて。 | トップページ | ツタヤ千円レンタル »

2012年9月29日 (土)

中国地図「尖閣は日本」 米CIA報告書

 産經新聞朝刊9面より。

 「中国地図「尖閣は日本」 米CIA報告書

 「紅衛兵向け刊行/資源判明後に複雑化」

 「米中央情報局(CIA)が、沖縄県の尖閣諸島をめぐり、「領土問題は存在しない」とする日本の主張を裏付ける内容の報告書を作成していたことが27日明らかになった。」(リードより)

 以下、本文より。

 「報告書は、日米両政府が沖縄返還協定を調印する直前の1971年5月に作成。当時の中華民国(台湾)が、米国の尖閣諸島を含む沖縄の施政権に注文をつけ、CIAが調査を行った。」

 66年の紅衛兵向けの地図では、尖閣諸島は中国の国境外になっている。

 68年の一般向け地図帳でも「尖閣諸島は琉球列島に含まれる」と表記されている。

 「埋蔵資源の存在が明らかになった後、中華民国が領有権を主張し、これに中国共産党政権が続いて問題を複雑化させた」。

 都内の財団法人「沖縄協会」によると、台湾では、70年の教科書では「尖閣諸島」名で日本領としているが、71年には呼称を「釣魚台列島」に変更。

« 古書店にて。 | トップページ | ツタヤ千円レンタル »

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/55820422

この記事へのトラックバック一覧です: 中国地図「尖閣は日本」 米CIA報告書:

« 古書店にて。 | トップページ | ツタヤ千円レンタル »