最近のトラックバック

« 氷菓追記 | トップページ | 映画『探偵はBARにいる』 »

2013年5月19日 (日)

「日本右傾化論への“弁明”法」

 黒田勝弘氏の「から(韓)くに便り」(産經新聞)から抜粋。見出しは「日本右傾化論への“弁明”法」。
 氏は「ソウル駐在特別記者」で、なにかで日本が問題視されるたびに韓国メディアに呼ばれて弁明や反論をさせられるらしい。氏のいう弁明の仕方は。
 靖国問題・・・ABC級合わせて約千人が合祀されているが、彼らは刑死ですでに罪をあがなっている、国のために殉じた人の霊をまつるのは当然だ、「死ねばみな仏」だ。
 憲法改正・・・右傾化ではなく正常化、自分の国は自分で守れる韓国のような普通の国になりたい。
 慰安婦問題・・・官民共同の「アジア女性基金」や首相のおわびの手紙など、ほとんど知られていないので、「こんな話を紹介するだけで討論の幅は広がる」。
 村山談話と安倍首相の“侵略定義”問題・・・韓国は参戦したベトナム戦争を侵略戦争とは言わない、大東亜戦争には東南アジアをヨーロッパ支配から解放した効果もあった、安倍首相は村山談話を否定したいわけではないので「もうちょっと見守って」と、弁明としては少々やっかいなんだそうだ。
 黒田氏がいうように「揚げ足を取られないように発言には注意」が必要だが、この程度の弁明を国民ひとりひとりができるよう、学校でちゃんと教えといてほしいものだ。

« 氷菓追記 | トップページ | 映画『探偵はBARにいる』 »

ニュース」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/57431588

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本右傾化論への“弁明”法」:

« 氷菓追記 | トップページ | 映画『探偵はBARにいる』 »