最近のトラックバック

« シンセティック(トータルリコールとエイリアン2) | トップページ | 古書店にて »

2013年5月27日 (月)

『珈琲店タレーランの事件簿』

 岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿』読了。良。
 読みはじめてしばらくは、ああこんなもんか、程度の印象だったし、ミステリ部分には興味なかったし、キャラも変な印象だったし、コーヒーの銘柄に似た人名はあくまで遊びであってそれを登場人物がどうこう言ってはお終いだろなどとつっこんだりしていた。
 第七章でつかまった。エピローグでさらに。
 長ったらしい副題が付いているが、本来はそれがタイトルで、「このミス大賞」最終選考に落ちたあと、改稿しタイトル変更になったらしい。なるほど、最後まで読むと、この副題は捨てがたい。

« シンセティック(トータルリコールとエイリアン2) | トップページ | 古書店にて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/57504000

この記事へのトラックバック一覧です: 『珈琲店タレーランの事件簿』:

« シンセティック(トータルリコールとエイリアン2) | トップページ | 古書店にて »