最近のトラックバック

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

三上智恵

 琉球朝日放送の三上智恵が沖縄を描いた映画を撮ったらしい。『標的の村』。第七芸術劇場で公開。
 そういえば、昼間ラジオに出てたのは彼女だったのか。どこの局だったんだろう?
 シネマチップス終了後、沖縄に行ってしまいましたが、旦那さんやお子さんはどうしておられるのか、ちょっと気がかり。
 立場はディレクターとのこと。どうぞご活躍を。

2013年8月28日 (水)

書店にて

 いつも行く本屋に、めずらしくSFマガジンが置いてあった。SFマンガ特集。いつものように、作品は立ち読みしないがコラムやエッセイにはざっと目を通す。近年の注目作として『君と僕のアシアト』と『鉄腕バーディー』が取り上げられててうれしい。『ハルシオン・ランチ』の紹介文にもニヤリ。
 ・・・おっといけない! きのう『君と僕のアシアト』から駄弁者さんのサイトへの〈めい文句〉投稿を下書きしてたばかりだ。先を越されないうちに投稿しよう。

2013年8月24日 (土)

藤圭子

 藤圭子さん、死去。
 むかし、もりたじゅんのマンガで「しあわせという名の女」というのがあった。
 芸名が藤木螢で六木寛行が怨歌と評するなんて、笑うくらい藤圭子をモチーフにしてた。
 実際には娘も芸能界で成功して、違う人生でよかったなと思ってた。
 マンガを尻目に幸福な天寿をまっとうしてほしかった。
 ご冥福をお祈りします。

2013年8月20日 (火)

灰色のカラス

 何年か前から、ブックオフに行くとかならずといっていいほど一度は流れて来る歌がある。西田エリ「灰色のカラス」。メロディやアレンジは好きなんだが、言葉の選択がいまいち。なんでいついっても流れてるんだろう。重役の親戚縁者?

2013年8月16日 (金)

ヘッドライト交換

 プリウスのヘッドライトが切れた。一本買い置きがあったので、自分でつけてみる。
 このサイトを参照した。
 ぱっちり! どうもありがとうございました。

2013年8月14日 (水)

ロバートFヤング『たんぽぽ娘』

 ロバートFヤング『たんぽぽ娘』読了。良。
 河出書房新社の《奇想コレクション》のトリは、何年も出る出ると言われてじらしにじらした末に、ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』がとうに終わってしまってから出たこの作品集。しかも競合他書に遅れをとって(6.19の記事参照)。
 ある種フェッセンデン的な・・・「特別急行がおくれた日」(1977)
 異郷の地を旅する者・・・「河を下る旅」(1965)
 詩を朗読する詩人の姿のアンドロイドたちは博物館のお荷物で・・・「エミリーと不滅の詩人たち」(1956)
 女性型爆弾、いいアイテムだ。ちょっとゼラズニイの香り・・・「神風」(1984)
 おとといは兎を見たわ・・・「たんぽぽ娘」(1961)
 彼はなぜ箱をハンダで封印して埋めたのか・・・「荒寥の地より」(1987)
 運転にはご注意を——みんな犬好きですので・・・「主従問題」(1962)
 少年たちが手作り宇宙船のハッチを開けるとそこは・・・「第一次火星ミッション」(1979)
 陳列されている品々はたしかに彼の・・・「失われし時のかたみ」(1973)
 みんなエイリアンに乗っ取られてしまった・・・「最後の地球人、愛を求めて彷徨す」(1973)
 タイムマシンのガス欠で・・・「11世紀エネルギー補給ステーションのロマンス」(1965)
 宇宙クジラの話・・・「スターファインダー」(1970)
 惑星蒼天〈シエル・ブルー〉を制圧すべく降り立った銀河連邦の部隊の前に立ちはだかる少女・・・「ジャンヌの弓」(1966)
 お気に入りは、「河を下る旅」「エミリーと不滅の詩人たち」「神風」「たんぽぽ娘」「第一次火星ミッション」「ジャンヌの弓」あたり。

2013年8月13日 (火)

菅浩江『そばかすのフィギュア』

 菅浩江『そばかすのフィギュア』良。
 初期短編8編収録の作品集。
「雨の檻」・・・新天地を求めて飛び続ける世代型宇宙船の中で、病気のため無菌室で暮らすシノの相手をしてくれるのは、アンドロイドのフィーと、モニタ越しに顔を見せてくれる両親。このごろ船の様子がおかしい。何か起きてるんだろうか。
「セピアの迷彩」・・・クローン・良美のもとに、オリジナル・智子が訪れる。亜光速船の旅でクローンと同い年になったオリジナルが。
「そばかすのフィギュア」・・・ファンタジーのキャラクターデザイン・コンテストで最優秀賞を受賞した靖子たちのもとに、主な登場人物たちのフィギュア・キットが送られてきた。完成したフィギュアの自律的な動きや豊かな感情表現に驚く靖子だったが・・・。
「お夏清十郎」・・・時遡能力をもつ十八歳の少女・奈月を家元とする日舞・白扇流が創設されて五十年。時遡の肉体への負担で立つ事もままならなくなっている奈月は、かつて清十郎を演じた芙月の夢をよく見るようになっていた。
「月かげの古謠」・・・西の果ての深い森にあるという財宝をめあてに、血気盛んな領主の息子が旅に出る。
 といった作品が気に入った。
 ほかに、アンドロイドの世話役を命じられた人付き合いの苦手な少年の話「カーマインレッド」、死に至る病に冒されたストリートガールに寄って来る男の話「カトレアの真実」、優良種としての期待を重荷に感じる試験管ベビーの話「ブルーフライト」。

2013年8月 8日 (木)

「情けは人のためならず」科学的に立証(産經新聞夕刊)

 大阪大大学院の研究グループ(発達心理学)が大阪府内の5、6歳児70人を観察。おもちゃを貸したり他の子がボタンを留めるのを手伝ったりと親切をした児童の、周囲の児童がその後どういう行動を取るかを調べたところ、周囲の児童が最初の親切児童に対して親切行動ををとる回数は、普段の0.47回から5.58回に増加。体に触れるなど仲良くしようとする行動も2倍以上になったという。
 ええ話やなぁ。

2013年8月 7日 (水)

ISS

 二日続けてISS観測成功! たいへんクリアな夜空で、南南西から北東までしっかりと。(19時20分)

2013年8月 6日 (火)

ISS

久々のISS観測! 帰宅後まもなく。さっきまで雨だったらしいが、最初から最後までよく観えた。(20時05分)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »