最近のトラックバック

« 菅浩江『そばかすのフィギュア』 | トップページ | ヘッドライト交換 »

2013年8月14日 (水)

ロバートFヤング『たんぽぽ娘』

 ロバートFヤング『たんぽぽ娘』読了。良。
 河出書房新社の《奇想コレクション》のトリは、何年も出る出ると言われてじらしにじらした末に、ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』がとうに終わってしまってから出たこの作品集。しかも競合他書に遅れをとって(6.19の記事参照)。
 ある種フェッセンデン的な・・・「特別急行がおくれた日」(1977)
 異郷の地を旅する者・・・「河を下る旅」(1965)
 詩を朗読する詩人の姿のアンドロイドたちは博物館のお荷物で・・・「エミリーと不滅の詩人たち」(1956)
 女性型爆弾、いいアイテムだ。ちょっとゼラズニイの香り・・・「神風」(1984)
 おとといは兎を見たわ・・・「たんぽぽ娘」(1961)
 彼はなぜ箱をハンダで封印して埋めたのか・・・「荒寥の地より」(1987)
 運転にはご注意を——みんな犬好きですので・・・「主従問題」(1962)
 少年たちが手作り宇宙船のハッチを開けるとそこは・・・「第一次火星ミッション」(1979)
 陳列されている品々はたしかに彼の・・・「失われし時のかたみ」(1973)
 みんなエイリアンに乗っ取られてしまった・・・「最後の地球人、愛を求めて彷徨す」(1973)
 タイムマシンのガス欠で・・・「11世紀エネルギー補給ステーションのロマンス」(1965)
 宇宙クジラの話・・・「スターファインダー」(1970)
 惑星蒼天〈シエル・ブルー〉を制圧すべく降り立った銀河連邦の部隊の前に立ちはだかる少女・・・「ジャンヌの弓」(1966)
 お気に入りは、「河を下る旅」「エミリーと不滅の詩人たち」「神風」「たんぽぽ娘」「第一次火星ミッション」「ジャンヌの弓」あたり。

« 菅浩江『そばかすのフィギュア』 | トップページ | ヘッドライト交換 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/58011860

この記事へのトラックバック一覧です: ロバートFヤング『たんぽぽ娘』:

« 菅浩江『そばかすのフィギュア』 | トップページ | ヘッドライト交換 »