最近のトラックバック

« 郷鍈治 | トップページ | 髙田郁『ふるさと銀河線 軌道春秋』 »

2013年11月24日 (日)

『謎の放課後 学校のミステリー』(未読)

 書店にて。

 米澤穂信がツイッターで告知してた競作アンソロジー『謎の放課後 学校のミステリー』が出た。

 米澤穂信の作品は、『春季限定いちごタルト事件』から「おいしいココアの入れ方」。

 新作じゃないのは重々承知してたが「それかぁ・・・」と物足りないものを感じつつ、気づいたら立ち読みしてしまっている自分。

 シリーズ未読の人がこれを読んだらどう感じるかな、とか、このエピソードだけでもちゃんとわかるかな、とか、シリーズを読んでみたくなるかな、とか想像しながら。

 編者の大森望の、学園ものミステリー全盛!という解説が熱くていい。つい買いたくなる良い解説の見本。

 まあこれを買うなら先に手持ちの『放課後探偵団 書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー』を読むべきかな。まだ相沢沙呼しか読んでない。

 『謎の放課後 学校のミステリー』のほうは、ここ十年ほどの作品からのよりすぐりだから、はずれがないけどね。

(もっとも「おいしいココアの入れ方」は日曜日の話だから、学校でもなければ制服でもないんだが)

« 郷鍈治 | トップページ | 髙田郁『ふるさと銀河線 軌道春秋』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/58636122

この記事へのトラックバック一覧です: 『謎の放課後 学校のミステリー』(未読):

« 郷鍈治 | トップページ | 髙田郁『ふるさと銀河線 軌道春秋』 »