最近のトラックバック

« 『このミステリーがすごい!2014』 | トップページ | エピ »

2013年12月11日 (水)

高畑勲の言葉

 高畑勲の言葉(朝日新聞12月11日朝刊「人生の贈りもの」第3回)

 「風の谷のナウシカ」をつくっていた頃の宮(崎駿)さんは、孫悟空のようでした。

 ――どういう意味ですか

 孫悟空が自分の毛を抜いてふっと吹くと、小さな孫悟空がたくさん出てくる。宮さんは自分がたくさんいて欲しかった。自分自身が基準だから他人の絵は常に気に入らない。そして、気に入らない絵は全面的に直してしまう。そんな人の下で働きたいと思いますか。

 だが、高水準の作画はある種の「独裁」で初めて可能になる。僕が携わった作品も例外ではありません。

 大変興味深い。

« 『このミステリーがすごい!2014』 | トップページ | エピ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/58767515

この記事へのトラックバック一覧です: 高畑勲の言葉:

« 『このミステリーがすごい!2014』 | トップページ | エピ »