最近のトラックバック

« 映画「エンダーのゲーム」 | トップページ | げんしけん »

2014年1月30日 (木)

ビブリア古書堂の事件手帖 5

 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖 5〜栞子さんと繋がりの時〜』読了。良。おおおおおおお、間違い!
 本好きの情報探求誌を謳う『彷書月刊』のバックナンバーをあちこちの古書店に売っては、気が変わったと数日で引き取りにくる不思議な客。
 複数の版がある『ブラック・ジャック』にからむ謎。
 放蕩の三男坊は、死ぬ間際の長男から『われに五月を』をやると本当に言われたのか?
 前巻からの懸案事項に決着がついたのはよい。しかし引き続き残る懸案事項。
 エピローグには混乱した。なんかの叙述トリック? 私はミステリーを読むのは好きだが解くのは嫌いだ。どこかにヒントは? あとがきでも触れてないとはどういうことだ? と思ったら、あらすじの「青年」って言葉で気がついた。
そうだったそうだった。

« 映画「エンダーのゲーム」 | トップページ | げんしけん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/59185773

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖 5:

« 映画「エンダーのゲーム」 | トップページ | げんしけん »