最近のトラックバック

« クリミア、ウクライナ | トップページ | ドラマ「銀二貫」 »

2014年3月23日 (日)

小川一水「Live me Me.」

 小川一水「Live me Me.」(『フリーランチの時代』所収)良。(2004)
 
 ネタバレ注意
 
 
 
 交通事故で脳幹を損傷した女子大生。彼女の運び込まれた病院に導入されていたハイペット(高精度陽電子放射撮像機)が、網様体の活動を検知したために、彼女は脳死判定をまぬがれた。そんな彼女の現実復帰への軌跡。
 昏睡状態の無意識の闇の中に5×5の点が投じられたことを認識し、彼女の覚醒は始まった。これだけでもわくわくするのに、これを基礎として外部とのコミュニケーションがはじまり、ドットが五百×五百になり、アバターが与えられてオンラインゲーム「Vフィールド」でのアトラクション参加や不特定多数の他者との会話ができるようになり、ラジコン式人型ロボット「シンセット」によって現実世界へ出ていく可能性を知る。
 たたみかけるように提示される、可能性と限界とブレイクスルー。
 山本弘『アイの物語』の中でも「詩音が来た日」(2006)と「アイの物語」(2006)を引き合いに出したくなる感動。
 彼女はもしかしたら、最初からそっちに居たんだろうか? 5×5のときから?
 
 不思議なタイトル。「我をして我が生を生きさせしめよ」「私に私を生きさせて」?

« クリミア、ウクライナ | トップページ | ドラマ「銀二貫」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/59370794

この記事へのトラックバック一覧です: 小川一水「Live me Me.」:

« クリミア、ウクライナ | トップページ | ドラマ「銀二貫」 »