最近のトラックバック

« 書店にて。 | トップページ | 読書(まんが) »

2014年4月 6日 (日)

「上り」と「下り」

 鶴橋の焼肉店で火事。JR環状線と近鉄奈良線下りが一時運行見合わせ‥‥奈良線の下りって、どっちのこと?
 奈良のほうが東京に近いから、大阪行き?
 奈良のほうが標高が高いから、大阪行き?
 奈良はいにしえの都だから、大阪行き?
 まさか大阪が第二の都市だから、奈良行きだなんて言わないでね?
 答え‥‥どうやら、奈良行きが「下り」のようだ。けしからん!
 だいたい、電車でも高速道路でも、「上り」や「下り」と言われても、どっち向きかとっさにわからないことが多い。
 あれは東向きとか○○方面とか言うべきだ。
 かつて小松左京が東京へ行くことを「東(あずま)くだり」と言った逸話を思い出して、大阪は自分を第二の中心と考えるような、高慢なんだか自虐なんだかわからない中途半端な中華思想をやめるべきだ。

« 書店にて。 | トップページ | 読書(まんが) »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/59429210

この記事へのトラックバック一覧です: 「上り」と「下り」:

« 書店にて。 | トップページ | 読書(まんが) »