最近のトラックバック

« 書店にて。 | トップページ | 『『風立ちぬ』を語る』、『世界堂書店』 »

2014年5月31日 (土)

梨木香歩『裏庭』

 梨木香歩『裏庭』読了。丘の麓のバーンズ屋敷から異世界に迷い込んだ照美の冒険。まあまあ。
 異世界なのに英語がしばしば出てくるが、バーンズ屋敷の持ち主が英国人であることや、異世界が“実在”するのか妄想なのかあいまいに感じられることから、そこはあまり気にならない。
 異世界でいろんなことが起こるが、どれも象徴的・暗喩的さが強く、あまりはらはらしない。
 最終場面までに提示される事実(またはそのほのめかし)が、なにもかもを関連付け過ぎてて、ちょっと苦笑。でも、はまれば感動ものかも。

« 書店にて。 | トップページ | 『『風立ちぬ』を語る』、『世界堂書店』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/59870822

この記事へのトラックバック一覧です: 梨木香歩『裏庭』:

« 書店にて。 | トップページ | 『『風立ちぬ』を語る』、『世界堂書店』 »