最近のトラックバック

« 梨木香歩『裏庭』 | トップページ | いろいろ »

2014年6月10日 (火)

『『風立ちぬ』を語る』、『世界堂書店』

 岡田斗司夫『『風立ちぬ』を語る 宮崎駿とスタジオジブリ、その軌跡と未来』ざっと読了。
 今まで読んだもの(オタク論とか、もう死んでいるとか)に比べて、なんか軽い。と思ったら、講演やインタビューを文章にしたもののようだ。たしかに、読みながら眉に唾付けとこうかと何度か思ったわ。いくらなんでも(笑)はなぁ。
 
 『火垂るの墓』の節子が死んだわけ、は、同感。
 
 米澤穂信編『世界堂書店』読みかける。うーん、眠くなる。進まない。これが編者自身の作品なら、もちっと興味をもてるのかもしれないが、今はしばし、積ん読しとく?

« 梨木香歩『裏庭』 | トップページ | いろいろ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/59870811

この記事へのトラックバック一覧です: 『『風立ちぬ』を語る』、『世界堂書店』:

« 梨木香歩『裏庭』 | トップページ | いろいろ »