最近のトラックバック

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月26日 (土)

PKD総選挙

 早川書房でやってる「PKD総選挙」に投票。  ユービック(長編) 4ポイント  この卑しき地上に(短編) 2ポイント  高い城の男(長編) 3ポイント  ブレードランナー(映画) 1ポイント

2014年7月23日 (水)

『詩羽のいる街』とチョウトンボ

 山本弘『詩羽のいる街』再読。目がうるむ。  ところで『ライトスピード・ガール』が『時をかける少女』で、『魔人城砦』が『ゲド戦記』あたり?  ブログ「coco's bloblog」で、「湿地にはチョウトンボが」という記事が。もしや!?  で、検索。・・・有馬富士公園で見たのは、これだ

2014年7月21日 (月)

新海誠

 新海誠、西へ。  奈良でサイン会だったって。ラックス柏木といえば、十年くらい前まで行きつけの本屋だったなぁ。

2014年7月11日 (金)

下津山縁起

 『時の罠』(キース・ローマーではない)の、米澤穂信「下津山縁起」読了。ふむ。いや、よくできてる。
 ・・・「そんなことのために!」by千反田える。

2014年7月10日 (木)

行きつけの書店にて。

 行きつけの書店にて。  文春文庫アンソロジー『時の罠』・・・米澤穂信「下津山縁起」収録。米澤先生、こんなの出るんなら、告知してくれなくちゃ。  上田早夕里『妖怪探偵・百目 1』・・・文庫は買いやすい。単行本の『深紅の碑文』は手を出しづらくて。  p.s. あ、今日付けでブログに紹介されてた。

2014年7月 3日 (木)

行きつけの書店にて。

 行きつけの書店にて。
 久しぶりに寄ったが、米澤穂信の新作の載ってる小説新潮がない。売り切れたか。
 鈴木いずみ全作品集が出ている。知らない出版社。アルクトゥルスの旅といい、妙な本を置いてるなぁ。
 山本弘『アイの物語』が新しい表紙で平置きに。アイビスらしき女性が本を読んでいる。ちょっとぽっちゃりめ。イメージと違う。

2014年7月 2日 (水)

古書店にて。

 有川浩『クジラの彼』『フリーター、家を買う。』和田誠・三谷幸喜『これもまた別の話』全108円。
 短編集『クジラの彼』は、『空の中』後日譚ねらい。同棚に『図書館戦争1』もあったが、今のところ食指動かず。

新宮晋

うちのホームページの、新宮晋さんの部屋に、新記事を追加しました。

有川浩『空の中』

 有川浩『空の中』読了。良。
 高度二万メートルで続く航空機事故。目の前を行く訓練教官機大破を目撃した武田三尉を、国産超音速機の試作機を失った日本航空機設計の春名高巳が訪ねてくる。
 読めばじきにわかることですが、SFです。怪獣ものともとれるし、未知との遭遇ものともとれる。本格的にスペキュラティヴ(思索的)な作品。
 わくわくする、大変楽しい読書でした。
 大人のライトノベルを書きたかった、とは著者の弁。出版予定の文庫は想定年齢層が低いので、高校生たちも登場させたとか。
 高校生たちのほうが紆余曲折あってドラマチックだったかも。
 大人の二人は、ちょっとステレオタイプで単純すぎたかも。彼らは、彼女が典型的ツンゆえの毒舌剛腕な以外はあまりに順調すぎてちょっとあっけない。
 あそこまで彼女がツンデレだと、女性である著者が男性読者を喜ばせようとしてるように思えてちょっと引く。
 あと、あの娘が切れ者すぎるし取り巻きの大人たちがヘタレすぎる。
 さて次は、『海の底』だ。それとも山本弘の『MM9』か。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »