最近のトラックバック

« サンリオSF文庫総解説 | トップページ | 皆既月食とISS »

2014年9月28日 (日)

サンリオSF文庫と私

 サンリオSF文庫と私。
 定価で買ったもの‥‥『怒りの神』『影のジャック』『わが名はレジオン』『ロードマークス』『灰と星』『オメガ・ポイント』『パステル都市』『夢幻会社』『エンパイア・スター』。なぜ《オメガ・ポイント》の二冊を買ったのだっけ? 表紙買い(加藤直之)か? 何度か読みかけたが、未読。
 他社版で買ったもの‥‥『辺境の惑星』『ロカノンの世界』『幻影の都市』『虚空の眼』『ハローサマー、グッドバイ』『パヴァーヌ』。『パヴァーヌ』だけ未読。
 『天のろくろ』‥‥下鴨の古書市で買った(96年夏?)。いくらだったのかなぁ。800円くらいだった? ちなみに同書は79年刊、314ページで380円。最近買った『天の梯』が341ページで620円(税別)だから、380円はずいぶん安かったのだが、これでもあのころは、ハヤカワや創元に比べて割高だったのだ。
 『時は乱れて』‥‥古書店で百円で買ったが、紙が黄ばんでる上に文字が薄くて読む気にならず、処分。
 『時は準宝石の螺旋のように』‥‥古書店の買い取り本の仮置き場かと思えるような古書店で、百円で。表題作がおもしろくなかったので、ブックオフに売った。オークション出品とかしたことないけど、もったいなかったかな。
 西田藍が『ヴァリス』と『虚空の眼』、池澤春菜が『時は準宝石の螺旋のように』でレヴューに参加。なかなかの内容。やっぱりもったいなかったかな。
 カラー図版で表紙を一覧すると、やはり強烈な表紙だったと思う。最先端行ってるのか、逸脱してるのかわからない戸惑いも。
 ところで大野万紀さん、翻訳者ならフィーチャーをフューチャーと言うのはやめて!(234ページ) 

« サンリオSF文庫総解説 | トップページ | 皆既月食とISS »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/60428051

この記事へのトラックバック一覧です: サンリオSF文庫と私:

« サンリオSF文庫総解説 | トップページ | 皆既月食とISS »