最近のトラックバック

« チベット | トップページ | @homepageサービス終了 »

2016年2月11日 (木)

嘉門達夫『丘の上の綺羅星』

 嘉門達夫『丘の上の綺羅星』読了。良。
 16歳で笑福亭鶴光の内弟子に。3年後、MBSヤングタウンにコーナーを得る。そして21歳で破門。
 笑福亭笑光の名を剥奪された男、嘉門達夫の「自伝的青春小説」。
 帯に「自伝的青春小説」とあり、実際、最初のうちは小説として「けっこううまいな」と思って読んでいたが、だんだん「小説」というより著者の昔語り、自伝といった風になってくる。それはそれで構わない。おもしろい。
 とはいえその内容には、特別な片寄りがある。この本は、嘉門達夫物語であると同時に、渡邊一雄伝でもあるのだ。
 渡邊一雄。MBSヤングタウンのプロデューサー。嘉門達夫をヤンタンに採用し、破門・降板後もなにくれとなく気にかけてくれた恩人。
 物語は渡邊一雄をどこかで常に意識しながら進んでいく。
 第一章のみの主人公、金森幸介も渡邊一雄に見いだされた人物だが、その後の渡邊、嘉門との出会い(再会)からの怒濤の(と言ってもいいだろう)展開が胸をうつ。
 ラストライブでの金森、嘉門両氏の歌「もう引き返せない」と「ヤンタンの時代」に、客席同様、泣かされた。

 (これはまったくの余談だが私の心の名場面、未来少年コナン第25話での、ラオ博士と太陽塔の科学者たちとの握手シーンが思い出されてたまらなかった。)

« チベット | トップページ | @homepageサービス終了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502963/63193794

この記事へのトラックバック一覧です: 嘉門達夫『丘の上の綺羅星』:

« チベット | トップページ | @homepageサービス終了 »