最近のトラックバック

文化・芸術

2015年1月29日 (木)

原田マハ『楽園のカンヴァス』

 原田マハ『楽園のカンヴァス』読了。良!
 倉敷の大原美術館で監視員として働きながら、母と娘との三人で暮らす早川織絵。ある日、館長室に呼び出された織絵は、そこにいた暁星新聞社文化事業部部長の高野と名乗る男から、企画中のルソー展の交渉窓口になるよう求められる。学芸員でもない一介の監視員にすぎない織絵だが、意外な要請を聞いて、かつてのパリでの出来事がよみがえる。
 上質のミステリー。17年前、彼女がもう一人のルソー研究者とともに鑑定を依頼された、ルソー作とされる「夢をみた」の真贋と、何者かの手による物語「夢をみた」の内容が読者を引き込む。
 最終章が少々肩透かし(もっとなにかあると思ってた)だが、それでも彼らの心のなかを思い、胸がいっぱいになった。
「その一言こそが真理だった。この百年のあいだ、モダン・アートを見出し、モダン・アートに魅せられた幾千、幾万の人々の胸に宿ったひと言だったのだ」
 モダン・アートを正しく評価することは私にはできない。でも、この小説の主人公がティムでも織絵でもなく「モダン・アート」なのだと言わんばかりのこの言葉が、モダン・アートに向ける著者の熱い思いを表しているように思われる。
 (でもやっぱり、「パンドラの箱」は大げさじゃん。家族問題も拍子抜けだし。と言っておく)
 (パンドラの箱のふたが開いて、ふっきれたから明るくなって、娘もイッチョカミしやすい雰囲気になり、わだかまりに雪解けムード、という流れ?)

2015年1月 8日 (木)

年賀状

 年賀状完成。
 他人の作品のコラージュ。去年、他人のイラストを借用するのは云々とえらそうに言ったのに(2014.03.18)。
 まあ、他人から借用はしたけど、コラージュの妙を味わって(ご笑覧)ください。
 借用(謝々)文献
 『羊の宇宙』夢枕獏・たむらしげる
 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』フィリップKディック
 『羊をめぐる冒険』村上春樹
 『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信
 『ノーストリリア』コードウェイナー・スミス
 『天冥の標 V 羊と猿と百掬の銀河』小川一水
 『天冥の標 I メニー・メニー・シープ』小川一水
 『羊たちの沈黙』トマス・ハリス
 『アンドロイドの夢の羊』ジョン・スコルジー
 『羊ヶ丘デパートメントストア』ヴァージンVS
 出版社ならびに装丁・装画者名は省略します。ありがとうございました。

2014年10月16日 (木)

村田蓮爾

 岡田斗志夫のツイッターから、《【公式ブログ連動企画】やつらに騙されるな!アオイホノオ最終話「青春とは何だ!?」のひみつ - 岡田斗司夫なう。》ってのを見てたら、島本和彦との対談で「ムラタレンジ」という名前が出てきた。イラストレーターらしい。気になって検索したら、見たことのある絵柄が。なかなか惹かれる絵柄だ。とくにメカがいい。・・・おっと、小川一水「導きの星」の表紙が! そうか、あれが村田蓮爾かぁ。

2014年10月 9日 (木)

高荷義之

 昨日の産經新聞によると、高荷義之展が東京都文京区であるそうな。うらやましい! 観たい!
 行けないので、本棚から久々に『高荷義之 アニメ・イラスト集』を引っ張り出す。
 徳間書店から1983年に出た「ロマンアルバム」増刊。いいわあ。このタッチ、大好き。
 そもそもなんで買ったんだっけ? それまで氏の名前も絵も知らなかったが、この画集を見てお気に入りになったんだと思う。
 戦車や軍艦などのプラモのボックスアートで培ったリアルな戦場描写が、ザブングルやガンダム、ダンバインなどの絵に見事に活かされている。
 誰かのツイートによると、ダンバインと怪獣の戦う絵も出展されているようだ。「揺らぐ樹海」か? 観たいなあ。それともこっち?(4枚目のNewtypeの) 部屋に長いこと貼ってたなぁ。

2014年7月 2日 (水)

新宮晋

うちのホームページの、新宮晋さんの部屋に、新記事を追加しました。

2014年6月25日 (水)

新宮晋

 新宮晋の野外展覧会に行ってきた。晴天に恵まれ、早朝の清々しさのなか堪能してきた。
 くわしくは後日あらためて。
Singu00_2

2014年6月21日 (土)

細坪基佳

 細坪基佳のコンサートの案内がFMで流れていた。以前、オーキャットでのライブに行ったなぁ。活動続けてるんだなぁ。山木康世も活動してるようだなぁ。
 いっぽう、新宮晋の展覧会があるなぁ。うちのHPのコンテンツを更新するチャンス。行きたいなぁ。

2014年4月 8日 (火)

美の先天性・後天性

 NHKラジオ「午後のまりやーじゅ」火曜日のコーナー「クロサキマサオはテツガクの夢を見たか」今日は「骨董」の話。
 一見みすぼらしい茶碗などが高く評価されるのは、誰かが「美しい!」と評価したからか、それとも美しさが元々内在しているのか?
 なるほど。ゴッホは死んでから画商か誰かが「すばらしい!」とほめたてたから値打ちが上がったわけだし。
 あの「ゴーストライター」の曲は、佐村河内氏に曲を提供しなければ見向きもされなかったのかもしれないし。
 フィリップKディックの『高い城の男』では、ある男の作る全く意味のない形の工芸品が、「無」を表現していると評判を呼ぶ皮肉もある。
 今日を含め、今後数回は時間をからめた話になるらしい。楽しみだ。

2014年1月23日 (木)

エクーメン

 ジャック・ヴァンス『復讐の序章』再読。良!
 裂開駆動で飛び交う宇宙船がむすぶ人類宇宙の古き良きイメージがここちよい。
 ところでこのシリーズ(魔王子シリーズ)では、銀河に広がる人類の版図を「オイクメーニ」、その法の及ばない所を「圏外」と呼んでいる。
 いっぽう、ル・グインのハイニッシュ・ユニヴァース物と称される小説群では、ハイン人による星間連盟を「エクーメン」と呼んでいる。
 『復讐の序章』を十五年ほど前に読んだときに「オイクメーニ」と「エクーメン」の類似に気づいて、図書館の辞書で調べたことがあった。
 「エクーメン」は造語らしく、載ってないのだが、関連ありそうな言葉は以下のとおり。
 
 ecumenism 世界教会主義(キリスト教諸派の統一を追求する思想)
 ecumenopolis 中枢管理機構をネットワークによって分散させた多核的広域都市 [ <Gk oikoumene(world) + polis]
 ecumenical 1.全般の、全体の、普遍の、全世界の 2.全キリスト教会の [ <LL oecumenic(us) = belonging to the whole inhabited world.  <Gk oikoumen-(to inhabit) + -ikos(ic)] 
 
 引用元不明、すいません。
 ちょっと説明してみると、「教会」とあるのはこのさい無視。たぶん教会関係者が、語源のギリシア語かラテン語から持ってきて内部的に使っていた言葉だから、こんな訳になったのだろう。
 ecumenopolis の訳(というか解説文)が、今風でかっこいい。
 「<Gk」というのは、ギリシア語由来ということ。「<LL」は後期ラテン語由来。
 ecumenopolis の「oikoumene」の最後の「e」には字上符がつきます(横棒)が省略します、あしからず。
 「inhabited」は「人が住んでいる」。 
 ということで、エクーメンの根源的意味は、人が住んでる所、世界、ってところだろうか。
 
 ところで「エクーメン」で検索してみると、高橋源一郎さんのツイートがヒットした。
 2011年01月11日「午前0時の小説ラジオ」・「アキューメン(acumen)」と「アンラーン(unlearn)」・「他人に届く思想」と題された連続ツイート全44回。以下引用。
 
「他人に届く思想」1・1922年生まれの鶴見俊輔さんは戦後を代表する哲学者・評論家ということになるだろう。ぼくは、とてもとても尊敬している。
「他人に届く思想」12・ヘレン・ケラーは自分が「ただことばや思想を覚えただけ」であり、そんなものには意味がないことに気づいた。重要なのは、それをいったんunlearnした後、もう一度、真にlearnし直すことだと考えたのだ。それが彼女のacumen(明察)だったといってもいい。
「他人に届く思想」19・だから、鶴見俊輔は、相手を叩きふせない。どんな相手でも、その相手のことばに「意味の幅」があると考え、応答する。「答は一つではない」と考えて、「では、別の答は」と問い続ける。鶴見がとりあげる対象も、そんな人ばかりだ。たとえば、こんな風に。
「他人に届く思想」23・「…夫の死後、クローバー夫人シオドラは、夫の遺したノートに基づいて、生前会うことのなかった男イシについて伝記を書く。その娘ル=グウィンは、イシの活躍する別世界をつくりだして、ファンタジー『ゲド戦記』を書いた」
「他人に届く思想」24・この話に、いくつものacumenの連鎖があることがわかるだろうか。最初は絶滅した民の末裔イシ。イシは孤独の深みから、立ち上がり、白人の町に向かって歩いた。学者クローバーはイシのacumenを聞き分けることのできるacumenを持っていた。
「他人に届く思想」26・その結果として、ぼくたちは、娘のacumenが創り出した物語『ゲド戦記』を読み、そのacumenに傾倒した宮崎駿のacumenが産み出すことになるものを(その息子によって)見ることができたのである。
(以下、終了後のやりとり)
「エクーメン」は「アキューメン」から来てたんですね RT @nao_capricerabi ちょうど昨年からグウィンのSFを読んでいたので、それと併せても興味深くおもしろかったです。グウィンが未来世界に展開させた「エクーメン」という惑星間組織には、そんなような背景があったんですね
(引用終わり)
 
 果たして「アキューメン」も「エクーメン」に反映しているのか? もちろんル・グインはacumenという言葉を知ってたろうし、星間連盟をエクーメンと名付ける際にacumenを思い出したら、良いイメージの言葉だもの、後押しにはなるだろうな。
 エクーメン天地アキューメン明察、とか言ってみたりする蛇足。
 
P.S. 2014.01.31
 「オイクメーニ」で検索したら、「オイクメネ」での検索結果が表示され、「エクメーネ」がウィキにあることがわかった。ドイツ語で、人間が居住している地域を指す地理学の用語、とのこと。

2012年12月25日 (火)

二足歩行ビースト

 以前、テオ・ヤンセンのストランドビーストの小型模型つきムックを購入したが、なんと、今度は二足歩行ビーストを出しよった! やるなぁ。