最近のトラックバック

旅行・地域

2014年4月 6日 (日)

「上り」と「下り」

 鶴橋の焼肉店で火事。JR環状線と近鉄奈良線下りが一時運行見合わせ‥‥奈良線の下りって、どっちのこと?
 奈良のほうが東京に近いから、大阪行き?
 奈良のほうが標高が高いから、大阪行き?
 奈良はいにしえの都だから、大阪行き?
 まさか大阪が第二の都市だから、奈良行きだなんて言わないでね?
 答え‥‥どうやら、奈良行きが「下り」のようだ。けしからん!
 だいたい、電車でも高速道路でも、「上り」や「下り」と言われても、どっち向きかとっさにわからないことが多い。
 あれは東向きとか○○方面とか言うべきだ。
 かつて小松左京が東京へ行くことを「東(あずま)くだり」と言った逸話を思い出して、大阪は自分を第二の中心と考えるような、高慢なんだか自虐なんだかわからない中途半端な中華思想をやめるべきだ。

2014年3月14日 (金)

空想地図

 ラテ欄の「空想地図」の文字に反応して、矢部&マツコの「アウト・デラックス」を観る。
 架空都市「中村市(ながむるし)」の詳細地図を作成し、あまつさえ出版(白水社・2100円)した男・今和泉隆行。
 大笑い。幾分引きつり笑い。わかるわぁ〜。
 架空の地形を考える楽しさはわかるわぁ〜。さんざんやったわぁ。他人の架空地図も集めたわぁ〜。(
 私はどっちかというと、クリーチャー(被創造物。自然・人工問わず)の姿形を愛でるように地図を眺めるので、都市計画する気持ちはわからないけど、もし自分がやるとしたら、現代日本の地形の上に、ありえたかもしれない県境と、ありえたかもしれない都市と、ありえたかもしれない道路・鉄道網を描いてみたい。
 それを粘菌にやらせるのも乙。

2011年11月13日 (日)

高野山に登る

 前日、『エコ旅ニッポン6 高野山を歩く旅』1600円。車にガソリンを入れておく。
04:10 家発。
06:05 南海高野線橋本駅前に車をあずける。(往路75キロ。ここまでの燃費22キロ/ℓ)
06:30 学文路駅下車。200円。トイレ済ませて06:40出発。紙は置いてないので、注意。
06:50 西光寺(苅萱堂)。
07:10 「ゆめさきトンネル」のある十字路。
07:○○ 「第四の地蔵」から、河根丹生神社へ行く急な坂を下りかけて、やめる。なんか違う気がして。10分ロス。
      実は、参考になるサイトのコピーをプリントして持ってきていたのだが、
      間違えて、別のサイトをプリントしてしまっていたのだった。
      (正しくは、サイト『高野山町石道』内、「京大坂道」)
08:13 たぶん河根の集落で、道を間違えて塩の瀬橋でUターン。
08:20 米・酒の「おかや」まで戻り、丹生川のほうへ。このころ、コーヒー120円。
08:23 丹生川にかかる千石橋。たもとに二里石。
09:00 たぶん「第五の地蔵」の傍らでおにぎり休憩。10分。
09:25 「高野の仇討ち」現場。
09:38 同墓所。
09:44 一里石。このころ、あたりは雲の中。眼鏡がくもる。
09:49 昭和天皇御成婚碑。「女人堂4400M」。
10:10 新極楽橋。
10:15 極楽橋。
10:33 「高野山まで2000M」。
10:50 万丈が獄。兒(ちごの)滝。
11:00 清不動堂。花折坂。
11:08 女人堂。
      高野山町をうろうろ。「梅あんころ」370円。
12:15 唐揚げ定食、1200円。
13:33 バスに乗る。(行楽時期につき、臨時便がしょっちゅう来るらしい)。
13:50 高野山駅。バス300円? 橋本駅まで、810円。
14:38 ケーブルカー出発。(30分ほど前にも出たが、それは特急へ接続するやつだった)。
14:48 学文路駅。
14:40 橋本駅。駐車場料金、3400円。
      途中、古本屋に45分、立ち寄ったりしつつ。
18:35 家。(帰路69キロ。ここまでの燃費21.1キロ/ℓ)
 帰ってから、サイト確認。やっぱりコピーし間違ってた!
 歩いたからこそ、よくわかる。サイト『高野山町石道』、ものすごく分かりやすい! おすすめ!